ニュース


b 毎日新聞「ポスト安倍:岸田氏、石破氏の戦略は? - 毎日新聞」2017年9月4日 ^ 「早く行きたければ…」岸田文雄首相が所信表明演説でことわざを引用し訴えた「私は日本人の底力を信じています ハフポスト 2021年10月8日配信 2021年12月15日閲覧 ^ 岸田首相「みんなで進め」、どこのことわざ引用?西野亮廣さんも好む
123キロバイト (15,684 語) - 2022年5月5日 (木) 10:50
具体的な内容を骨子固めて実行してほしいですね

1 BFU ★ :2022/05/05(木) 21:54:36.59

岸田文雄首相は5日(日本時間同)、ロンドンの金融街・シティーで講演し、自身が掲げる経済政策「新しい資本主義」の具体策として、日本の個人金融資産約2000兆円を貯蓄から投資へと誘導する「資産所得倍増プラン」を始めると表明した。人材投資や先端技術開発にも積極的に取り組むとし、「安心して日本に投資してほしい。インベスト・イン・キシダ(岸田に投資を)」と呼びかけた。

首相は、行政が民間の呼び水となって、格差拡大や地球温暖化問題といった社会課題の解決を図るのが「新しい資本主義」だと説明。急成長を続ける権威主義的国家に対抗するためにも「官民連携で新たな資本主義をつくっていく」とした。

 その具体策の一つとして資産所得倍増プランに取り組むとし、「眠り続けてきた1000兆円単位の預貯金をたたき起こし、市場を活性化する」と述べた。首相は、日本の個人金融資産の半分以上が現預金で保有され、「その結果、この10年間で米国では家計金融資産が3倍、英国は2・3倍になったのに、我が国では1・4倍にしかなっていない」と説明。「ここに日本の大きなポテンシャル(潜在力)がある」とし、少額投資非課税制度(NISA)の拡充や預貯金を資産運用に誘導する仕組みの創設などを通じて「投資による資産所得倍増を実現する」とした。

続きはソースで
https://mainichi.jp/articles/20220505/k00/00m/010/088000c
※前スレ
★1
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651751570/


【【経済】岸田首相、ロンドンでとんでもないことを表明していた!国民にとってプラスになるか?】の続きを読む


為替(かわせ、英: Money order)は、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法の総称である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。 為替は、内国為替と外国為替
13キロバイト (2,188 語) - 2022年4月16日 (土) 12:19

(出典 www.zenginkyo.or.jp)



1 昆虫図鑑 ★ :2022/05/05(木) 13:33:18.63

韓国の外貨準備高が大きく減少しました。総計で85億ドルの減少です。

2022年05月04日、『韓国銀行』から2022年04月末時点での外貨準備高が公表されました。

(略)

2021年01月から2022年04月までの韓国の外貨準備高の推移を見ると以下のようになります。


(出典 money1.jp)




2022年04月、韓国の外貨準備高は4,500億ドルを割りました。

当月の注目ポイントは、なんといっても現金たるDeposits(預金)が66億ドル減っていることです。

前月の228億ドルから「28.5%」も減りました。激減といっていいレベルです。

しかし、これは貿易収支が減少していることから予測できたこと。韓国の場合、外貨準備を積むには貿易のもうけが必要です。通関ベースでは03月、04月と貿易収支は連続赤字ですので、外貨準備を積めなくなっています(国際収支統計は02月分までしか出ていません)。

そのため、先にご紹介したとおり、企業が外貨預金の取り崩しフェーズに入っています。外貨を温存しておけなくなってきているのです。

さらに当月の問題は……。

為替介入でドルを溶かした!

『韓国銀行』はこの外貨準備高の激減について、

(前略)
ㅇ米ドルの上昇によるその他の通貨外貨資産のドル換算額の減少、外国為替市場のボラティリティ緩和措置などによる
(後略)

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2022年4月末の為替保有額」

と説明しています。

「外国為替市場のボラティリティ緩和措置」と正直に書いています。

つまり、ウォン安を阻止するために「ドル売りウォン買い」を行ったのです。その結果ドルが溶けました(ウォンに換わった)ので外貨資産の現金が減少したのです。

(略)

さすがに韓国の通貨当局も現金の取り崩しを行って通貨防衛しないと仕方がなかったのです。

貿易収支の減少、赤字化傾向で外貨が積めず、また通貨防衛で外貨が減少します。韓国は危なくなってきました。

(吉田ハンチング@dcp)

https://money1.jp/archives/79703
前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1651718921/


【【為替】韓国、現金が「66億ドル」激減! ウォン安防衛でドルを溶かした!】の続きを読む



(出典 1.bp.blogspot.com)


5類にしてマスク外す生活に戻して欲しいです…

1 七波羅探題 ★ :2022/05/05(木) 12:02:47.89

TBS5月5日(木) 08:00
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/37761

このところ海外の映像をみて、あれ、誰もマスクしてない、と驚かれた方も多いのではないだろうか。夏に向け、マスクを外す動きが世界では進んでいる。

日本でも、山際コロナ担当大臣が「オープンエアで外にいるときにはマスクはいらない、というのはその通りだと思う(4月24日)」と述べ、日本医師会中川俊男会長も「屋外などで十分な距離があるときには、マスクを外す対応を取っていただきたい(4月27日)」と発言。熱中症への懸念などから屋外では“マスクを外す”という選択肢が示され始めた。

とはいっても、コロナ禍で約3年間着用し続けたマスクを外すことに、不安や抵抗がある人は多いのではないだろうか。なぜ海外では、あんなにもすんなりマスクを外せたのだろうか。

脱マスクが進む海外 ポイントは義務
日本に先んじて、マスクを外す動きが加速している海外。アメリカでは、全州でマスク着用の義務が撤廃され、4月18日には飛行機の中での着用義務もなくなった。イギリスでは1月、屋内公共施設での着用義務が撤廃された。フランスは3月中旬に飲食店などで撤廃。韓国も5月から屋外での着用義務を解除した。

なぜ海外ではマスクを外す選択肢が比較的スムーズに受け入れられているのだろうか?TBS岡村仁美アナウンサーは、2020年夏から2022年2月までイギリス・ロンドンで生活していた。イギリスと日本ではマスク事情に大きく2つの違いがあると感じたという。

岡村アナウンサーは2022年2月までイギリス・ロンドンで生活した

岡村仁美アナウンサー
「まず、イギリスではマスク着用が“義務”だったということです。なので、マスクをつける義務がある場所、つける義務のない場所についてルールが明確なんです」

日本ではマスク着用は法律で義務にはなっていない。そのためマスク着用が推奨される場所と、それ以外の場所の境界が曖昧になりがちだ。一方、イギリスはじめ海外ではマスク着用を義務と法律で定めていることが多く、境界線を市民が判断しやすいのだという。
※以下リンク先で

★1・5/05(木) 10:12

前スレ
マスク着用は「義務」か「推奨」か 海外で加速する「脱マスク」が日本では緩やかな理由
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651713154/


【【新型コロナ】マスク着用は「義務」か「推奨」か 海外で加速する「脱マスク」が日本では緩やかな理由】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/05(木) 12:21:58.29

5/5(木) 11:46配信
日刊スポーツ

俳優の渡辺裕之さんが今月3日に、神奈川県内の自宅で亡くなっていたことが5日、分かった。66歳だった。関係者によると、自宅の地下にあるトレーニングルームで倒れていたという。

妻の原日出子(62)の所属事務所アルファエージェンシーも5日、万代博実代表取締役名で文書を発表した。その中で

「5月3日(火)昼頃、渡辺裕之さんが自宅にて縊死されました」

と報告。その上で

「あまりに突然の出来事に、弊社・原日出子は呆然自失としており、現在、皆様に何かお答えできる状況にございません。心の整理がつきましたところで、改めて皆様にコメントを出させて頂きます」

と、原がコメントを出せる状態にはないことを明らかにした。万代氏は

「マスコミの皆様におかれましては、ご家族のご心情にご配慮頂き、取材等はお控え頂けますよう、切にお願い申し上げます。尚、葬儀に関しましてはご家族との相談の上、密葬というかたちで執り行わせて頂きます。株式会社アルファエージェンシー代表取締役 万代博実」

と、密葬を執り行う考えをしました。

渡辺さんは、CM出演などで芸能生活をスタートさせ、82年に、出演した大正製薬「リポビタンD」のCM内の「ファイトー! イッパーツ!」のキャッチフレーズが人気となった。同年映画「オン・ザ・ロード」で俳優デビュー。翌年には映画「だいじょうぶマイ・フレンド」に出演。

アクション俳優としても人気を博し、07年には映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」に、シリーズ史上最高齢(当時51歳)となる仮面ライダーとして出演した。また、86年からドラマ「嵐シリーズ」の「愛の嵐」「華の嵐」「夏の嵐」に出演し、二枚目俳優としても活躍した。

実家がカメラ店だったこともあり、インスタグラムには最近まで、富士山や桜などの風景写真をアップしていた。

93年には、3年5カ月の交際を実らせ、原と結婚した。2人は、90年にドラマ共演をきっかけに知り合い、お互いの趣味である音楽を通して意気投合。渡辺は交際3週間目にして早くも「熱愛宣言」をしたほどだった。渡辺は初婚で、再婚の原には長女がおり、養子縁組の手続きも行った。婚姻届は原が提出し、その際には「私の結婚よりも、娘の養子縁組の方が重いかな。学校でも日直当番のあいさつで、名字が変わったと言ったみたい。先生がびっくりしてました」などと話していた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f6469386957c448c73074473a591eadfbe24a4b

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1651719387/


【【訃報】俳優の渡辺裕之さん死去、66歳 自宅トレーニング室で発見 「縊死されました」妻原日出子事務所代表】の続きを読む


。もっとも、これはあくまで関関同立という名称に限った話であり、関西四大学、関西四私大などの名による学生交流、大学交流は古くは明治時代から行われている。 「関関」および「同立」の語源は、関西六大学野球連盟で行われていた伝統の一戦、「関関戦」と「同立戦」から来ている。立命館大学は同立戦のことを「
11キロバイト (1,594 語) - 2021年12月29日 (水) 22:18

(出典 www.ashiya-u.ac.jp)



1 七波羅探題 ★ :2022/05/05(木) 07:39:41.76

Biz-journal5.04 05:50
https://biz-journal.jp/2022/05/post_290838.html

準難関大学に入れるのはクラス40人のうちたった4人?
 まず、MARCHや関関同立に入れる人は同世代の上位1割に入るという意見は、実情に即しているのだろうか。

「大きく外れてはいないと思います。世間でMARCH、関関同立ラインの大学は、早慶以上の難関大学よりは下の難易度という認識が一般的でしょう。実際のところ2000年代以前であれば、準難関大学というイメージは実情とさほどかけ離れてはいなかったかもしれませんが、2010年代になると大学受験に詳しい人々の間では、早慶ほどではないにせよ難関大学であることは間違いない、という認識に変化してきているんです」(石渡氏)

 だが、MARCHや関関同立に限らず、少子化が加速する現在においては、倍率が下がるため大学の難易度は上がらないのでは、という疑問が浮かぶ。それにもかかわらず難易度が上がっているというのはどういうことなのか。

「シンプルに志願者数が増えているからです。文部科学省が出している『学校基本調査』の値を見比べてみると、2004年にMARCHの志願者数の合計が約32万人だったのに対し、19年には約34万人と増えています。同様に関関同立も04年が約24万人でしたが、19年には約28万人と増加。少子化が進み世代ごとの人口は年々減っているのに、MARCHや関関同立の志願者数は増えていますので、それだけ人気が右肩上がりだということがわかるでしょう。大きな要因として考えられるのが、“女性の高学歴化”。理由はさまざまですが、近年は日本経済全体が低成長になり、高学歴でないと高収入が期待できなくなったこと、そして、それが保護者の間でも共通認識になったというのは大きいはずです」


変わっていく受験の“今”を正確に認識することが重要
 
そして受験を控える高校生たちに言いたいのは、学歴差別を正面から捉えすぎないでほしいということですね。大企業がMARCHや関関同立以上の学生を求めるのは、単純に学歴が採用時の目安になるからであり、上司に優秀な人材が入ったと報告しやすくなる、くらいの理由でしかありません。学歴差別に踊らされず、もっと自分をアピールできることを探すほうがずっと賢明です」(同)

 親が「自分は難関大学出身だから子は準難関大学ぐらいなら当然合格できるはず」と思い込むのは、相当危険ということかもしれない。

※一部抜粋


【【進学】MARCH・関関同立は学力上位1割の難関大学? 親のほとんどが誤解している】の続きを読む

このページのトップヘ