はまやねん


8.6バズーカー(はってんろくびょうバズーカー、英語: 8.6SecBAZOOKAA)は、日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社所属。略して「ハチロク」とも言われる。2014年結成。NSC大阪校36期生。 はまやねん( (1991-03-10) 1991年3月10日(31歳) - ) ボケ担当。
20キロバイト (2,332 語) - 2022年4月5日 (火) 23:04

(出典 geino.press)


夢がありますね

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/01(水) 01:32:00 ID:CAP_USER9.net

5/31(火) 21:19配信
デイリースポーツ

 「ラッスンゴレライ」のリズムネタで一世風靡(ふうび)したお笑いコンビ、8・6秒バズーカーのはまやねんが31日配信されたYouTubeチャンネル「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」に出演。最高月収500万円だったことなどを語った。

 街頭で質疑に答える人気番組。8・6秒バズーカといえばサングラスに赤いスーツの衣装がおなじみだが、この日は素顔にニット帽というスタイルで登場した。

 相方のタナカシングルとは中学の同級生で成人式で再会したというはまやねん。4年生大学を卒業後の2013年、「就職したくなくて」と吉本芸能総合学院(NSC)に入学した。2人は「大学卒業後も3年は新卒として就職活動ができる」ことから、「1年NSCに行き、2年目で売れなかったら、3年目は就活をしよう」と計画。早く売れるための手段としてリズムネタに挑戦したという。

 NSCでのネタ見せでアイデアが浮かばず、深夜に2人で悶々としているときにシングルの口から付いて出たのが「ラッスンゴレライ」。それをそのままネタ見せにかけたという。その後、「オサレもん」「おもしろ荘」など若手登竜門的番組に出演したことをきっかけに、イッキにブレークにつながっていった。

 ピーク時は「1日22本仕事があった」という8・6秒。睡眠時間は2、3時間。最高月収は500万円あったという。

 しかし2016年ごろから、「ラッスンゴレライ」が原爆投下を意味する言葉という謎のデマが広がり、「反日芸人」のレッテルを貼られたこともあり、人気が急落。番組ではその後についても語っている。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/db597891278e7922e7d666cc61530ebe2e59ce3f


【【芸能】8・6秒バズーカー ピーク時の月収を明かす…これは凄い‼︎】の続きを読む


8.6秒バズーカー (はまやねんからのリダイレクト)
8.6秒バズーカー(ってんろくびょうバズーカー、英語: 8.6SecBAZOOKAA)、日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社所属。略して「ハチロク」とも言われる。2014年結成。NSC大阪校36期生。 はまやねん( (1991-03-10) 1991年3月10日(31歳) - ) ボケ担当。
20キロバイト (2,332 語) - 2022年4月5日 (火) 23:04
ラッスンゴレライの人ですね。ある程度認知度がある方が自営業されたらお客さんも来るのでやりやすいんでしょうね。このまま芸人ではなく自営業として仕事をされた方がいいと思います。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 13:26:39.43

4/27(水) 12:59
スポニチアネックス

「8・6秒バズーカー」はまやねん ブレーク時の最高月収は500万円 キッチンカー再起狙う現在は…

 お笑いコンビ「8.6秒バズーカー」のはまやねん(31)が27日、フジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)にVTR出演。大ブレーク時の最高月収を明かした。

 番組では、最近増えているというキッチンカー芸人について特集。その中で、はまやねんに密着。「8.6秒バズーカー」は2014年にコンビ結成。1年目“ラッスンゴレライ”のリズムネタでブレークするも、翌年には人気も低迷し、仕事も激減。さらに、近年ではコロナ下もあり、一気に生活が苦しくなったことで芸人以外の仕事を模索するなか、路面店より初期費用は抑えられ、いろいろな人の触れ合えるので芸人としてのメリットもあるということで、先月からキッチンカーでサンドウィッチを販売し、大人気となっている。

 大ブレーク時は「1日でいったら、(仕事は)22本とかですかね。何の番組かも、何の雑誌かもわからない状態で…最高月収は1人で500万円だった」とぶっちゃけ。ただその後、「僕らって基本、ネタでしかテレビとか出させてもらってなかったんですけど、実力不足もあって、1年目とかでテレビとか遠ざかってしまって…」といい、「コロナで仕事が10あったうち、1とか2とかまで減ってしまって、営業とかも行けなくなってしまったんで、キッチンカーだったら地方を回って、その土地土地の人々と触れ合うことができるなと思って…」と振り返った。

 今では行列が絶えない人気店となっているといい、出店依頼も「ざっくりですけど、たぶん100件以上は来てますね」と告白。「土地土地の人と触れ合った時に自分の人柄を出せるというのはメリットかなと思います。それでSNSのフォロワー数も増えたんでめっちゃ良かったと思います」とファン獲得にもなっているという。

 この日は生憎の雨模様となったが、「売り上げは5万5000円くらい。日曜日だったら少ないほう。晴れの日だったら平均8万~9万くらい売り上げるんですけど」と、はまやねん。現在の収入はキッチンカーは8割だとし、「先月は土日だけしかやっていないんで、それでも30~40万円はあるかなと。5月からはもっと地方とかも行ったりするんでもっと稼いだろうかなと思ってます」と気合を入れた。

 今後の展望については、キッチンカーについては「フランチャイズ化していこうと思っているんですけど。そんな簡単じゃないとは思うんですけど、会社作って、沖縄、九州、四国、中国とか、地方に1台ずつ置いていって、そこから広げていけたらなと思います」とキッパリ。

 芸人としての目標は「一番難しい」と苦笑しつつも「(ファンから)もう一回、ネタとかでテレビに出てとか言われるんで、その希望には応えたいなとは思っています。相方も相方で別のことやっていると思うんで、僕はボクでこっちをやっているんで、両方パワーアップしてワンピース的な感じで集まれたらなとは思っています。また返り咲こうかなと」と復活を誓った。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/06184d6894f01fc868fa53638001d8758040156f


【【芸能】「8・6秒バズーカー」はまやねん ブレーク時の最高月収は500万円 現在は自営業に専念かwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ