八百長


朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 – )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター、実業家、歌手。愛知県豊橋市出身。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級、65-70kg級)王者。トライフォース赤坂所属。弟は同じくプロ総合格闘家の朝倉海。
41キロバイト (4,843 語) - 2022年1月9日 (日) 09:13



(出典 www.city.uruma.lg.jp)



1 jinjin ★ :2022/01/14(金) 21:41:19.25

朝倉未来が衝撃告白「うつ病になりました」 RIZIN試合後に異変


総合格闘家でユーチューバーの朝倉未来が14日、自身のYouTubeチャンネルを更新。
昨年大みそかに行われた格闘技大会「RIZIN.33」の試合後、「僕は恐らく、うつ病になりました」と告白した。


朝倉はこの日「試合後とんでもない事が起きていた」と題の動画を公開。
昨年1年間の自らの格闘シーンを回顧した。インターネット放送「ABEMA」で行った「1000万円企画」で炎上したことにも触れつつ、下半期は常にプレッシャーに苛まれていたことを明かした。

その上で「(RIZINで)無事勝つことができて、試合後はホッとしました。で、ここからが問題なんですが、試合後2、3日たって、病院に行ってないんでわからないんですけど、恐らく僕はうつ病になりました」と衝撃の告白。

「軽いうつ病なんですけど、何をするにもやる気が起きなくて、虚無感がすごくて…」と症状を赤裸々に明かし、
「燃え尽き症候群か分からないけど、何もやる気が起きなかった。原因はたぶんすごいプレッシャーだったこと、急に重圧から解放されたことでうつ病になったんじゃないか」と分析した。


「1日寝たら治ると思ったけど、治らなかった」という朝倉は、治療法を考えた結果「次の目標が大事だなと気づきまして、目標を立てました。そしたらだんだんよくなり始めて、挑戦を続けないと行けない性質なんだなと気づきました」と回復傾向に。
「本当、刺激中毒なんだろうなと」と自らを称した。


その点を踏まえ、今後の人生については「今年、30歳になる」とした上で「自分の中で大きな年にしたい」とキッパリ。

「今年で格闘技を引退する可能性もあるし、もし格闘技を引退したらYouTubeも辞める可能性もある。そこで急にやるべきものを失った時、大みそか後みたいなことになりかねないなと思って、今の生活にとって格闘技とYouTubeは必要不可欠なんだなと知りました。それを失っても後悔しないように今年は頑張ろうかなと思いました」と、淡々としつつも熱い思いを口にした。


朝倉は昨年大みそか、前年11月に敗れたRIZINフェザー級前王者・斎藤と対戦。激しい接近戦の中、常に優位に試合を進め、判定3―0での勝利。
リベンジを果たしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/ad4c3b11d42befdd4cff25bd508ba6c41e8cad03


【【不思議】突然うつ病を告白した、朝倉未来…なぜこのタイミングなのか?】の続きを読む


RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション、略称:RIZINRIZIN FF)は、日本の総合格闘技団体。 かつて「PRIDE」を主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表だった榊原信行により設立。他団体とは競合しないフェデレーション(協会)を理念としている。
30キロバイト (2,804 語) - 2022年1月2日 (日) 05:13



1 Anonymous ★ :2022/01/11(火) 15:40:07.32

https://news.yahoo.co.jp/articles/53439eeb8136f0319c2b25480ce2d0600d093a3b

 “八百長疑惑”で騒動が拡大している『RIZIN.33』でのYouTuberのシバター(36)VS元K-1王者の久保優太(34)の一戦について、RIZINのCEOである榊原信行氏が11日、YouTubeでコメントを発表し、「RIZINの6年の歴史、八百長なんて一試合もない。命をかけて約束してもいい、ありえない。100%全部リアルファイトである」と明言した。

 疑惑について試合直後から話題となってきたが、コメント発表が今日になったタイミングについて「両選手にヒアリングしたり、時間をかけて検証し、契約書に基づいて、弁護士とも話して、しっかり出し切る形にできればいいかなと。この10日間、しっかりいろんなことを精査したうえで話したいと思っています」と説明した。

 「リング上にフィクションはいらない。否定すること自体がバカげている」と強調し、今回の騒動で迷惑を受けた選手やファンに対して「申し訳なかったと思っています」と謝罪した。

 続けて、今回の試合の向けた過程でシバターがRIZIN側にも「ケガの心配」を理由に試合に難色を示していたことや、久保がシバターから連絡があったとRIZINに打ち明けていたこと、シバターが試合前日の公開計量まで陽動作戦を試みたことなどを伝えた。

 榊原氏は「ピュアな久保がシバターの術中にはまってリングに上ったように見えた」と見解を示し、「シバターは品性下劣でスポーツマンシップのかけらもないけど、本人はスポーツマンシップにのっとることもないわけだし、プロの世界は正々堂々という戦いばかりではない」と改めて分析した。

 また、試合前に選手同士が直接連絡を取ることの是非も話題となったが、「契約書上も試合前にコミュニケーションをとることについての規定がない」と現状の契約内容を明かし、「今回みたいなことが起きないように、今後は契約書の中に、事前に選手とかセコンド、関係者が相手方の選手と直接話すことは絶対禁止するという条項に入れていきたい」と話すなど、30分近い動画で今回の問題についてコメントした。

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641879379/


【【RIZIN】榊原CEO 6年間の間、八百長は一度もない、命を懸けて…】の続きを読む



1 牛丼 ★ :2022/01/06(木) 10:26:04.67

 (略

 久保が過去にシバターが朝倉未来や安保瑠輝也との試合前に八百長を持ちかけている舞台裏をYoutubeで暴露してきたものを見てきたことを指摘すると、シバターは、その不安を打ち消すようにこう返した。
「あれは舞台裏も作っていて、こういう舞台裏も撮影しますよと、朝倉未来さんや安保さんに説明した上で、台本パートを撮影しているんです。今回は、真面目に。これは笹原さんにも、実は話をしていて。作っていいですか?と」

 笹原さんとは、RIZINの広報部長の笹原圭一氏。PRIDE時代から榊原信行CEOの右腕として活躍、大会企画や一部のマッチメイクなども担当しているRIZINの重要人物だ。

 久保は、「笹原さんは、なんて言っていたんですか?」と質問したが、シバターは、話を少しはぐらかして、こう返した。

「まだRIZINと契約書を交わしていないんですけど、契約書を交わしたのちに、その2ページ目というか、ステップ2として、久保さんに”そういった話を打診するのは可能です”というのが、RIZINさん、笹原さんの回答でした」

 シバターは、RIZINが関与しているという“作り話“を伝えることで、久保を安心させようとした可能性も高いのだが、「はい、なるほど」と久保は納得。
 そこにさらにシバターは「実力差がありすぎるのと、私はスパーリングとかでもパンチを軽めでもクリーンヒットを受けると体の半分がしびれて動けなくなってしまうんですよ」と泣きを入れた。これは大会前々日の会見で話していたのと同じ内容だ。
「え?そんな状況なんですか?」と、久保が心配そうに返すと、「おそらくは試合にならない。結構やばい怪我をしそうな予感がありまして。負けることはいいので変なやばい怪我をしないまま終わらせたいという気持ちがありまして。もちろん久保さんに花を持ってもらう形で終わっていいので、そこを握れたら(約束)、自分は試合ができるかなと思っているんですけど」と棄権をちらつかせていた試合を行うことの条件としての“八百長“を推した。

 しかも、この生放送を聞いていなかった様子の久保が、番組途中に、コレコレ氏に送ってきた「録音データなのですが、コレコレさんが第三者から極秘で入手したという事にして頂いてよろしいでしょうか」という生々しいLINEメッセージも紹介された。コレコレ氏は、「これはのめない」と拒否。その後、生配信中に久保自身が電話をコレコレ氏にかけてきて「パニックになっちゃっている」と伝える場面もあった。久保自身が音声データを提供したことは間違いなく、この電話でのやりとりが本物である可能性は極めて高いだろう。
 自身の公式Youtubeで今回の問題を謝罪した久保が、過去に「ワタナベホマト事件」を暴くなど発信力の大きいコレコレ氏に提供してまでシバターとの音声データを公開したかった理由はわからない。ただ、騒動の幕引きどころか、さらに混乱は広がった。シバターと思われる人物の発言により、その関与さえ疑われることになった主催者のRIZINは事態の収拾のためにも早急の対応が求められる。

(出典 i.imgur.com)

★抜粋
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c848e985f7e5270ba0569f97a6c5f8afff266c4?page=4

(出典 i.imgur.com)

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641425947/


【シバターと久保の電話録音データを暴露系Youtuberが公開www RIZINの関与疑惑も浮上…】の続きを読む



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



1 牛丼 ★ :2022/01/05(水) 19:41:27.15

責任をとって格闘技を引退します

(出典 Youtube)


【【速報】シバター謝罪引退へ】の続きを読む



1 牛丼 ★ :2022/01/03(月) 20:40:02.14

 (略

 流出したLINE画像は本物なのか、と聞かれると久保は「あれは本物です。実際、僕も誰にも言えていなくて。本当にみんなを裏切っちゃている話になっているというか。真剣勝負で、とはいえもちろん契約って言ったらいい方はあれですけれど、自分の中では2Rで勝負だなくらい思っていたので。そういう背景とかも、みんなを巻きこんじゃいけないとかいろいろなあれがあったりとか。僕に関わってくれる人、スポンサーさんだったり、トレーナーの先生たちだったり、サラちゃんだったりには言えなくてどうしようかなって感じでリングに上がってしまったみたいな感じで」と、周りの人に気遣って申し出を受けてしまい、周りに相談せず自分一人で決めてしまったという。

 今後どうしていくのかと問われると「どうしていきたいというのが今はちょっと正直なんか……分からないというか。ただそうですね…とうしたらいいのかなっていうのが今。とりあえず自分の中でキチンと動画で思いの丈とか謝罪とかしないといけないのがありますし」といまだパニック状態にあるが、自身のYouTubeで事情を説明したいとした。

 三崎氏は「YouTubeでリベンジできたらいいですね」と言い、久保は「シバターさんは最初からそもそも僕をはめこむ気で、あれだったら最初から僕も本気で行きたかったというのは確かにありますね」とそれには答えなかった。

 そして「動画を取って明日(3日)にでも上げたいと思います」と久保は締めくくった。

 現時点で、シバターの声明と久保のコメントは食い違っており、本誌の取材にRIZINは「事実関係を確認中」としている。

 今回の試合がYouTuber、プロレスラーでもあるシバターによる大晦日向けのエンターテインメント寄りのカードで、事前の陽動作戦だったとしても、今回の試合はYouTubeでのエキシビションマッチでもプロレスの試合でもない。

 JMOC(日本MMA審判機構)も関わる公式試合で、「不正試合」と疑われる行為があったとしたら、MMAという競技の根幹を揺るがす出来事だ。一刻も早い、両選手および同試合に関わる関係者による事実確認が望まれる。
★抜粋
https://news.yahoo.co.jp/articles/a23c40d71c593bd8c195df10f2d4c1aa1b82ecc6


【【RIZIN】久保優太が八百長を認める…情に流され、シバターの台本を受けとてしまう】の続きを読む

このページのトップヘ