政治


蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名:齊藤 蓮舫〈さいとう れんほう〉、1967年〈昭和42年〉11月28日 - )は、日本の政治家。参議院議員(3期)、元タレント。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫(むらた れんほう)。 菅直人内閣で内閣府特命担当大臣(行政刷新、消費者及び食品安全
146キロバイト (21,277 語) - 2022年4月13日 (水) 01:12
アベノマスクは本当に無駄な政策でしたが、何かを実施したら失敗もつきものです。次にしないことが大事なので、過去のことに対してグダグダ言うのではなく、未来に向けた政策を考えてほしいですね

1 ボラえもん ★ :2022/05/07(土) 21:43:09.54

立憲民主党の蓮舫前代表代行、辻元清美前衆院議員が7日、東京・銀座で夏の参院選に向けて街頭演説を行った。
蓮舫氏は東京選挙区(改選数6)で4選を目指し、辻元氏は比例代表に出馬する予定。

通り雨が強く降る中、蓮舫氏は、3年ぶりに新型コロナ対策による行動制限がないゴールデンウイークを迎えたことに触れた。
演説の冒頭で「マスクの着用、ご不満、ご不便を強いる日々が続いている」と切り出し、
「2年前、突然の思い付きで『アベノマスク』が配布されました。500億ですよ。
私は国会の予算委員会で安倍(晋三元首相)さんに言いました。せめて最前線で命を守っている人たちにお金を渡すべきではないかと。
払うのは皆さんの税金なんです。こういう愚策はもう2度とやってはいけない」と訴えた。

蓮舫氏からマイクを受け取った辻元氏は「私は衆議院の予算委員会におりました。参議院の予算委員会は蓮舫さん。
私は今回落選してしまって舞台から消えていますけれども、私たち2人、相当力を合わせて頑張ってきたんです」と話した。
辻元氏は続けて「皆さんの命や暮らしを守りたい。税金の無駄遣いを1円もさせたくない」と力を込めた。
また、演説中、辻元氏が雨にぬれないよう傘をさしていた蓮舫氏について
「1円の無駄遣いも許さない女です。でもケチではないんです。おごってくれることもあるんです」と語り、笑いを誘った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/12154842adf39f136de15ca2368855569abcbb84


【【立民】蓮舫氏 演説でアベノマスクを痛烈批判していたことが判明】の続きを読む


アベノマスクは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行下に2020年4月から日本で配布されたガーゼ製布マスクの俗称。急激な需要の増大で発生した不織布マスク不足の解消を目的として、安倍政権が約260億円をかけて日本の全世帯に2枚ずつ配布した。 全世帯向けのほか介護施設などにも配布され、世
121キロバイト (15,280 語) - 2022年2月11日 (金) 22:11

(出典 news.tv-asahi.co.jp)


国民の血税の塊を、最も簡単に消えたって…そんな問題じゃないぞ!

1 スペル魔 ★ :2022/03/18(金) 19:10:19.36

 後藤茂之厚生労働相は18日の参院予算委員会で、政府が大量の在庫を抱える布マスク「アベノマスク」について、約53万枚が記録上配布されていないにもかかわらず、実際の在庫に存在していないことを認めた。後藤氏は「急いで作業を行わなければならない状況だったとはいえ、在庫数にずれが生じていることは大変遺憾だ」と陳謝した。

 立憲民主党の田島麻衣子氏が「記録された調達数から配布数を引くと在庫数と合わず、約53万枚が消えている」と指摘した。それに対して後藤氏は「計算上の在庫数よりも実際の在庫数が約53万枚少ないのは事実だ」と説明。「当時は少しでも早く国民にマスクを届けるということで、毎日全国の作業拠点で並行して大量のマスクの納入、梱包(こんぽう)、配送を行い、作業の過程で配送数の集計のずれなどにより生じたと推測される」と釈明した。会計検査院の担当者も「配布数は全ての記録が正確に残されているわけではなかった」と指摘した。

 厚労省は約8272万枚の布マスクの在庫を希望した個人や団体に無償で配布する方針だ。後藤氏は「今回の配布作業は、こうしたことが生じないように作業管理を徹底していきたい」と語った。【田中裕之】

https://mainichi.jp/articles/20220318/k00/00m/010/234000c
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1647594537/


【【アベノマスク】約53万枚が消える…】の続きを読む



(出典 www.kanashiki-naika.com)



1 スペル魔 ★ :2022/01/19(水) 20:00:27.25

鳩山総務政務官がコロナ感染
1/19(水) 19:28
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3349a7555767d0a4587a9388a1b3992ea63b5bc

 衆院は19日、自民党の鳩山二郎総務政務官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 鳩山氏は自宅療養中。総務省によると、17日の衆院本会議に出席したが、マスク着用など感染予防策を取っていたという。国会議員の感染者は計18人となった。 


【【速報】鳩山さん、コロナ感染】の続きを読む



(出典 2.bp.blogspot.com)



1 スペル魔 ★ :2022/01/17(月) 20:26:44.97

 公明党はよほど頭にきているらしい。自民党と公明党の間で“内紛”が勃発している。

 これまで自民と公明は、国政選挙が行われるたびに互いに候補を“推薦”し、選挙協力をしてきた。

 ところが、この夏に行われる参院選について、公明党が、自民との相互推薦による選挙協力を見送る方針を固めたことが分かった。公明の山口代表が15日、都道府県本部の代表者に説明したという。自民党にはすでに伝達済みだという。

 前回2019年の参院選では、自民党は複数区の埼玉、神奈川、愛知、兵庫、福岡の5選挙区で公明を推薦。公明党は32ある1人区で自民を推薦していた。連立パートナーの自民と公明が国政選挙で協力しないのは異例のことだ。なにが起きているのか。

「発端は兵庫選挙区(改選数3)の推薦問題です。公明党は昨年末から自民党に対して“早く推薦を出して欲しい”と要請していた。公明党にとって兵庫選挙区は、かなり厳しい選挙区です。自民の支援がないと当選は厳しい。前回も、公明候補の支援のために官房長官だった菅さんに現地入りしてもらっています。なのに、いつまで待っても自民は推薦を出そうとしない。それでしびれを切らし、なかば逆切れして“自民とは選挙協力しない”と決定したのでしょう。ただ、兵庫選挙区は自民党にとっても厳しいのは変わらない。前回も1位は維新、2位公明、3位自民……と自民は最下位当選でした。しかも、この夏の参院選は、維新が2人擁立する可能性がある。最悪、当選は維新2人と公明となり、自民が落選する恐れがある。自民の候補は現職文科大臣です。絶対に落とすわけにはいかない。公明に推薦を出せる余裕がないのでしょう」(政界関係者)

自民党のなかからは、「これは茂木幹事長の責任だ」という声が噴出している。選挙を仕切る幹事長への批判があがっている。

「どうも茂木幹事長は、“いまの野党相手なら参院選は負けない”“どうせ最後は公明党も選挙協力するはずさ”と、慢心し、高をくくっている節があります。たしかに、体たらくの野党相手なら負ける要素がない。でも、どんな波乱が起きるのか分からないのが参院選です。兵庫選挙区のために、公明の協力を失い、32ある1人区で次々に敗北したらどうするつもりなのでしょうか」(自民党関係者)

 自公に亀裂が入れば、参院選は俄然、おもしろくなる。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/300020


【【政治】公明党と自民党が大げんか、 お互い協力しない…いったい何故?】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/31(金) 09:42:35.05 ID:CAP_USER9.net

12/31(金) 9:37
スポーツ報知
 
 自民党の石破茂元幹事長が31日、フジテレビ系「大みそか列島縦断LIVE景気満開テレビ2021」(午前7時)にスタジオ生出演した。

山梨県北杜市のスーパーマーケット「ひまわり市場」から生中継。同店は年商8億円の大人気スーパーで人気の秘密を番組ではリポートした。

 この生中継を受けて石破氏は「ここは周りに5000人ぐらいしかお客さんいないはずなんです、八ヶ岳の麓だからね」とした上で「だけど移住者の人がけっこういて、よそのいいもの知ってる人が『ここ、いいよね』って来るんですって」とコメントした。

 さらに石破氏はコメントを続けたが、途中でタレントのフワちゃんが「イシバ、話が長いよ」と笑顔で突っ込みながらスタジオに登場。獅子舞を手にしたフワちゃんは「イシバの長い話はこれで終わり」とカメラ目線でコメントし、獅子舞を「かわいいでしょ?ほら、イシバ、見てみぃ」と見せると「なんだよ」と石破氏は笑いながら獅子舞をなでていた。

 このやりとりにMCの山里亮太は「2人って親友かなんかなの?」と爆笑していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/395b80ba148113168d1dbda970b0c9e21bd08576


【【テレビ】石破茂氏、生放送でフワちゃんに突っ込まれる「イシバ、〇〇だよ」】の続きを読む

このページのトップヘ