映画


磯山 さやか(いそやま さやか、1983年10月23日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、司会者、スポーツライター、ファッションモデル。本名同じ。愛称は、いそっち(表記揺れ:磯っち)。ホリ・エージェンシー(2021年9月まで)を経てLifika所属。…
45キロバイト (6,345 語) - 2022年11月26日 (土) 11:37
この人絶対性格いいですよね 

1 愛の戦士 ★ :2022/11/25(金) 12:59:12.62 ID:zH57LP049.net
日刊スポーツ 2022年11月25日5時1分

磯山さやか(39)が来年夏公開予定の映画「愛のこむらがえり」(高橋正弥監督)で、吉橋航也(43)とともに主演を務めることが24日、分かった。磯山の映画主演は、05年「まいっちんぐマチコ!ビギンズ」以来17年ぶりとなる。

東京・調布市を舞台に、邦画界の片隅で生き、理想の映画を作ることに奔走する男女を描くハートフルコメディー。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演するなど女優としても注目を集める磯山は、久々の主演作に「最初にお話をいただいた時には、ドッキリなのかと思ったくらい本当に驚きました。ですが、高橋監督から作品への熱い想いを聞かせていただき、この思いに応えたいという気持ちで演じさせていただきました」とオファーを受けた際を思い返した。

磯山が演じるのは、地方都市の市役所職員だったが、地元映画祭でみた吉橋演じる監督の映画に感動し、上京して映画業界に飛び込む役柄。「映画を作りたいという2人の物語ですが、実際撮影しながら、何度も台本を読みながら、1つの映画を作るのは大変なことでもあり、その分喜びが大きいのだなと感じました」。

スタッフに感謝しつつ「すてきな方々と共演させていただき、とてもとても幸せな時間でした。絆と情熱に心温まる作品です。ご覧いただけたらうれしいです」と呼びかけた。

映画初主演となった吉橋は「撮影直前はプレッシャーに押しつぶされそうになってたのですが、いざ撮影が始まって監督の『よーい』の声を聞いたとき、カメラの後ろで真剣な目でこちらを見ているスタッフさん達とカメラのこちら側で『スタート』の声を待つ磯山さんの顔がフッと目に飛び込んで来たんです。その途端、スッと憑き物が落ちたというか『あ、みんなで作っていくんだ。演劇とおんなじだ』と思えた。そこからはもう撮影が楽しくて。あっという間に撮影期間が過ぎちゃったという感覚です」と振り返った。

https://www.nikkansports.com/m/entertainment/photonews/photonews_nsInc_202211240001192-0.html

来年公開予定の映画「愛のこむらがえり」で17年ぶりに主演を務める磯山さやか

(出典 i.imgur.com)

【【芸能】磯山さやか、17年ぶり映画主演に意外な声が多い理由とはwwwww】の続きを読む


戸田 恵梨香(とだ えりか、1988年8月17日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市灘区出身。フラーム所属。夫は俳優の松坂桃李。 小学5年生(11歳)の時から芸能活動を開始。テレビドラマのNGシーンを放送するバラエティ番組を見て役者たちの楽しそうな姿に惹かれ、その世界に興味を抱いた。このことがきっか…
59キロバイト (7,678 語) - 2022年11月18日 (金) 00:03
初耳学出てましたけど、少し老けたように見えました…

1 湛然 ★ :2022/11/16(水) 05:28:56.39 ID:A2Sd4AyT9.net
戸田恵梨香「30過ぎても実家の門限6時半」親の過保護を明*
11/15(火) 17:33 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce93c02db8ab648bf20d081aa6c8fde03c7d316a
映画「母性」の公開直前イベントに登場した左から戸田恵梨香と永野芽郁=東京・江東区

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



女優の戸田恵梨香(34)と永野芽郁(23)が15日、東京・江東区の中村高校で行われたダブル主演映画「母性」(23日公開、廣木隆一監督)の公開直前イベントに登場した。

同作は作家、湊かなえ氏(49)の同名小説の初映像化で、戸田と永野が母娘役で共演する話題作。

同校の女子高生から「両親が過保護で困っています。自立したいとき、どう対応すればいいですか?」と聞かれ、戸田は「うちも過保護でした。30(歳)過ぎて実家に帰っても、いまだに門限は(午後)6時半。夜、1人で歩くのが怖いのも、守られてきた証拠」と返答。

続けて、「過保護だったからこそ今(親を)理解できることがある。きっと自分に子供ができても、親の過保護を受け取った状態で過保護になってしまう部分が十分ある。親の影響を受けるかなって想像してる」などと体験談を交え丁寧に話した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【芸能】戸田恵梨香「30過ぎても実家の門限6時半」親が過保護になり過ぎている理由がこれだったwwwww】の続きを読む


高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日 - )は、日本の俳優。 東京都港区赤坂出身。舞プロモーション(事務所)、ユニバーサルシグマ(レコードレーベル)所属。弟はnever young beachの安部勇磨。 幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせてくれたが、どれ…
102キロバイト (13,897 語) - 2022年11月9日 (水) 09:20
彼女と出演する気持ちはどんな感じなんでしょうね 

1 muffin ★ :2022/11/09(水) 17:51:35.12 ID:Q2oyRtOQ9.net
https://natalie.mu/comic/news/500713
2022年11月9日 17:27

荒木飛呂彦原作によるTVドラマ「岸辺露伴は動かない」の第3弾の放送日が12月26日、27日に決定。併せて新ビジュアル、エピソード、ゲスト出演者が発表された。

特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を持つマンガ家の岸辺露伴を、高橋一生が演じるドラマ「岸辺露伴は動かない」。2020年末、2021年末の放送に続く第3弾では、3月19日に発売された「JOJO magazine 2022 SPRING」に掲載された「ホットサマー・マーサ」、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」に登場するエピソード「ジャンケン小僧」の2話が届けられる。

第7話「ホットサマー・マーサ」にはイブ役として古川琴音、第8話「ジャンケン小僧」には大柳賢役として柊木陽太が出演。露伴役の高橋は「引き続き、このあり得るかもしれない奇妙な世界をお楽しみ頂けたらと思います」とコメントを寄せた。

高橋一生(岸辺露伴役)コメント

2020年にこの作品に参加させて頂いた時は此処まで多くの方に期待して頂ける作品になるとは思いもしませんでした。
原作を愛するファンの皆さんを思えば思うほど、誰の顔色も伺わない純粋な思いを俳優部として露伴と作品に注いできました。

露伴が口にするリアリティとは、現実にはあり得『ない』ことではなく、現実にあり得る『かもしれない』ことであり、彼は自分の世界と可能性を拡げる為にリアリティを求めて世界と向き合うのかもしれません。
現実を決めつけない彼のしなやかで強い姿勢は、作品を通して僕にも多分に影響を及ぼしました。

実際、第1期の撮影時から世界は変わりましたし、現実にはあり得ない、起こりえなかったはずのことが立て続けに現実になりました。
その世界に納得出来ずとも尚、現実を受け入れ、更新し、向き合っていく。露伴ならどうするでしょうか。

3期目になり、当初と変わらない円熟したこの作品のチームは、原作漫画世界に敬意を払いながら、現実にあり得るかもしれない、と見て下さった方々に思って頂ける説得力の構築を実写化の意義と感じながら作品作りをしてきました。
思いははじめから変わっていません。
引き続き、このあり得るかもしれない奇妙な世界をお楽しみ頂けたらと思います。

全文はソースをご覧くださいN


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)

【【芸能】高橋一生「岸辺露伴は動かない」第3弾は「ホットサマー・マーサ」と「ジャンケン小僧」 放送日は12月26日、27日】の続きを読む


山﨑 賢人(やまざき けんと、1994年〈平成6年〉9月7日 - )は、日本の俳優。 東京都板橋区出身。スターダストプロモーション所属。「山崎」と表記されることがあるが、正しくは「山﨑」である。 中学3年生のときに東京・原宿竹下通りのDAISO前でスカウトされ、芸能活動を開始。 雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動。…
37キロバイト (4,583 語) - 2022年10月19日 (水) 13:52
個人的には好きですけどね 

1 muffin ★ :2022/10/20(木) 23:26:32.76ID:3529dw4K9
https://smart-flash.jp/entame/205963
2022.10.20 19:56

2022年4月、実写映画化が発表された人気漫画『ゴールデンカムイ(金カム)』。10月19日の「東スポWEB」では、山﨑賢人が主演に内定していることが報じられたが、それについて原作ファンから大ブーイングが発生している。

同作は、明治時代の北海道を舞台として、アイヌが残したという埋蔵金伝説を追う主人公の元軍人・杉元佐一たちと、アイヌの少女・アシリパとの冒険を描いた作品だ。現在、アニメ4期が放送中で、人気を集めている。

実写映画化発表後、長らくキャストやスタッフなどの情報は公表されておらず、ファンはやきもきする状態が続いていた。そんな中で出た報道によれば、山﨑が演じるのは『金カム』主人公であり「不死身の杉本」の異名を持つ杉元佐一だという。現在、放送中の日曜劇場『アトムの童(こ)』(TBS系)の撮影が終わり次第、『金カム』の撮影に参加する予定とも報じられた。

だが、SNSではこのキャスティングに不満の声が渦巻いている。

《ゴールデンカムイ実写が山崎賢人確定でもうこれじゃない感 鈴木亮平さん、山本耕史さん、伊藤英明さんとかこのレベルの筋肉がないと無理 基本登場人物、軍人ですよ…》

《金カムに爽やかイケメン要素いらなくない?大事なのは男臭さと筋肉…》

《筋肉は?体ガチガチに作ってきてくれるのか?》

「『金カム』は、全体的に筋骨隆々とした男性キャラばかり出てくる漫画で、なかでも主人公・杉本のタフさは群を抜いているんです。その設定を思うと、『金カム』ファンからすれば、山﨑さんの線の細さは物足りないでしょうね。

もともと、実写映画化発表当初から『あの筋肉を再現できるのか』『旬のイケメン俳優を揃えるだけなら勘弁してくれ』といった不安の声が、多く聞こえていました。本当に山﨑が主演を務めることになれば、原作ファンからの期待値は大きく下がりそうだ。


(出典 i.imgur.com)

【【芸能】山﨑賢人『ゴールデンカムイ』主演内定報道に原作ファンから大ブーイングwwwww】の続きを読む


前田 敦子(まえだ あつこ、1991年〈平成3年〉7月10日 - )は、日本の女優、歌手。愛称は、あっちゃん。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。 2004年の春頃に渋谷にてスカウトを受けたが、学業専念として芸能活動には至らなかった。その後、当時のスカウトマンより『AKB48オープ…
153キロバイト (19,800 語) - 2022年10月13日 (木) 23:20
芸能人は誹謗中傷されるものでしょう 

1 フォーエバー ★ :2022/10/16(日) 12:56:05.81 ID:CAP_USER9.net
10/16(日) 11:52配信

スポニチアネックス

 女優の前田敦子(31)が16日、フジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。ネットの誹謗(ひぼう)中傷について言及した。

 この日は主演の映画「もっと超越した所へ。」の劇作家・演出家の根本宗子(33)、共演の女優・趣里(32)と鼎談。AKB時代から超人気メンバーだったことから、ずっとカメラが向いている生活で、多くの誹謗中傷にさらされてきた。

 そんな前田に、趣里は「戦うものと戦い続けてきてる。涙出てくる」、根本も「できない。ずっとカメラに追われていた。何かやった瞬間が切り取られちゃう」と感嘆の声を上げると、前田は「外の声が一部の部分を見て言っている人たちっていう認識を持ってやれていたから、(外部の声には)打たれたりはしなかった」と話した。

 さらに「なんでこんなにすごいことになるんだろうってぐらい、悪口も言われるし。すぐ*とかいうじゃないですか」と誹謗中傷にも言及。趣里も「気にしないほうがいいよ!とか言われるけど、気にするに決まってるのよ!」と嘆き。わざわざ書かれているものを教えてくる友だちもいるといい、前田は「すごい嫌ですよね。悪口は嫌だ、本当に統一して思うこと」としみじみ。「何のために言っているんだろうっていう、そこに対しての疑問はあります。別にいいんだけど、軽いことを書く分には、*とか…。何のためですか?って」と嘆いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d36d1c2fcd5ab13f937827317cae0701a496bcd


(出典 follow-pctr.c.yimg.jp)
?up=0

【【芸能】前田敦子 ネットで浴びせられる誹謗中傷に思うことwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ