真実


警察は嘘ばっかりやん!
犯罪者捕まえたときは意地でも本当のことを話さそうとさせるのに…

1 BFU ★ :2022/02/18(金) 19:33:09.78

沖縄県沖縄市で1月、警察官と接触したバイクの男子高校生(17)が重傷を負った問題で、県警は18日、会員制交流サイト(SNS)上で拡散している「高校生が暴走行為をしていた」「無免許で盗難車に乗り、ヘルメットをかぶっていなかった」といった情報は誤りだとの見解を公表した。

 県警は「高校生の誹謗中傷につながる誤解を生じさせないために説明した」としている。

 県警によると、1月27日午前1時15分ごろ、バイクが暴走しているとの通報を受け、警戒にあたっていた警察官とバイクの高校生が接触。高校生は右の眼球破裂の重傷を負い、入院した。

https://nordot.app/867347911954448384?c=39550187727945729


【【真実】沖縄暴徒事件、高校生の暴走も無免許も盗難車でも無いと沖縄県警が発表…とうとう県警も追い詰めれらたか!!】の続きを読む



(出典 livedoor.blogimg.jp)


絶対警棒で殴ってるね!
警察も情報隠蔽しすぎ!

1 トモハアリ ★ :2022/02/10(木) 06:28:44.04

 1月28日未明、沖縄署前に若者ら400人余りが集結し、署を襲撃する暴動が発生した。

 27日未明、沖縄県警のパトカーが、「チャリ暴走」と呼ばれる自転車集団の取り締まりをおこなっていた。同時刻、それとは関係なく、同い年の友人5人でコンビニの駐車場に集まっていた少年たちがいた。一人がこう証言する。

「そのパトカーが、僕たちのいるコンビニに来たんです。補導されたくないし、僕らはバイクでその場から離れました」

 こうしてバイクでコンビニから家路についた高校生のAさん(17)だが、仲間の荷物を持ってきてしまったことに気づき、その荷物を返すため引き返した。そこに、一人の警察官が待ち構えていたーー。

 ここからはいまだ事実関係に争いがあるが、結果的にAさんは警察官が持っていた警棒により、右眼球破裂の大怪我を負った。前出の少年が続ける。

「Aはメッセンジャーで『あるじゅんにすぐられてから目がやばい(歩きの巡査に殴られて目がやばい)』と送ってきた。すぐにAのところに行くと、道路に倒れて気を失っていました」

 少年らは、Aさんが倒れていた場所で、駆けつけた警察官に経緯を説明したという。

「僕が警察官に話しているのに、Aを殴った警察官が割って入り『これは単独事故だよ、単独』と言い張っていました。自分が殴ったことを隠したかったのではないでしょうか」

 事件当初は、所轄である沖縄署が捜査していたが、現在は沖縄県警本部の捜査一課があらためて捜査をしている状況だ。一課の次席は「警察官は『バイクを吹*音がしたので、確認に行ったらバイクが来たため、両手を広げて停止を求めた。ところがバイクが突っ込んできたので、警棒を持っている手が弾かれた。相手のどこに当たったのかはわからない』と話している」と語った。

 現場を取材した全国紙記者は「自転車の取り締まりという日常業務にすぎないパトロールで、正当防衛などの理由がなければ本来使えない警棒を手にしていたこと自体が理解し難い」と疑問を隠せない。

 Aさんの治療にあたった医師によると、怪我は右眼球破裂だけではなく、右の頬骨と目の横の骨も骨折、さらに脳内出血もしていたという。

 本誌はAさんの母親を取材、悲痛な胸中を聞いた。母親が息子の無念について語るのは、本誌が初めてだ。

「息子は、バイクで走っていたら道の右側から警察官が急に出てきて、棒のようなもので殴られたと話していました」

 事故が起こった現場は、道幅3メートルほどの狭い道路。警察官は物陰に立ち、Aさんのバイクが通過する瞬間に飛び出し、警棒を顔面めがけ振ったのではないかとみられている。

「息子は昨年9月に免許を取って、125ccのバイクを買ったんです。けっして暴走族でもないし、母の日や私の誕生日に必ずプレゼントをくれる優しい子なんです」

 母親は嗚咽を漏らしながら続ける。

(中略)

 「息子は最初、失明したことを知らず、『視力が戻るかな』と期待を持っていました。」

 冒頭の暴動は、目から血を流すAさんの様子がSNSで拡散され、怒りを爆発させた若者たちが警察署の前に集まり暴徒化したものだ。Aさんは病床でそのことを知り、動揺していたという。

「Aは暴動の様子をスマホで見て心配していました。ただ、暴動がなかったら、この事件が注目されることはなかったと思います。暴動ではなく、抗議ならよかったとは思いますが」

 事件後の警察の対応に、母親は強い憤りを感じていた。

「警察は当初、たんなる単独事故だと発表していました。その次は、警察官と接触はしたけど警棒は持っていなかったと発表するなど、二転三転しているんです。しかも、交通課の警察官が私の番号を聞いておきながら、今日まで一度も私に電話をかけてきていません。事実を明らかにするつもりがあるのでしょうか」

 高校生を失明させるという重大事件にもかかわらず、いまだ謝罪の姿勢すら見せない警察。人々の怒りは収まりそうにない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe78086e13bf0c99afa6a3aeb2f769f0fa4507c3

※関連
【沖縄暴動】警棒持っていた事実「判然とせず」公表遅れ 高校生眼球破裂失明、国会で警察庁が説明★9
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1644204988/


【沖縄暴動・ファクトチェック】失明高校生が「暴走族・ノーヘル・無免許・盗難車」は全部デマ 今も続く高校生への中傷★7
https://itest.5ch.net/asahi/test/read.cgi/newsplus/1644417703


(出典 i.imgur.com)


※前
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1644418114/


【【沖縄暴動】高校生「眼球破裂失明」事件 被害者母親が涙の独占告白-右の頬骨と目の横の骨も骨折、さらに脳内出血もしていた】の続きを読む



(出典 livedoor.blogimg.jp)


本当にデマだったら、失明した高校生が可哀想すぎる!

1 トモハアリ ★ :2022/02/09(水) 05:42:09.16

 沖縄市の路上で巡回中の男性警察官(29)と接触し、右眼球破裂で失明した高校生(17)に、「ツイッター」などで誹謗中傷が続いている。本紙が県警や少年側への取材を基にファクトチェックすると「暴走族の高校生」「ノーヘル」「盗難車」「無免許」はいずれも「誤り」だった。

※県警も否定
 この事案が発生した翌日の1月28日にツイートされた「沖縄で暴走族の高校生がパトロール中の警官の制止を振り切ってバイクで逃亡」は1万回以上の「リツイート」「いいね」があり、拡散されている。

 しかし、本紙が沖縄県警に取材したところ「高校生が暴走行為に参加した事実は把握していない」と回答があった。親族を通して高校生本人に確認すると、暴走行為に参加していたことを否定した。友人も「暴走行為があった現場付近に居合わせただけ」と証言している。

※ヘルメット
 29日のツイートは本紙の記事を引用して「そんな時間(深夜)にノーヘルでバイク」との内容で、同じく1万回以上拡散されている。高校生の友人によると、友人が県警の聴取を受けた際、発生直前のコンビニの防犯カメラ映像の確認を求められ、そこにヘルメットを着用した高校生がはっきり写っていた。

 県警も「現場を訪れた際、倒れていた高校生のすぐそばにヘルメットがあった」としている。

※免許を確認、バイクは家族の所有
 31日のツイートは「バイク盗難・無免許運転の可能性」に触れた。本紙は親族を通じて高校生の免許証と、バイクのナンバープレート発行時に交付される標識交付証明書を確認した。免許はあり、バイクは家族の所有で間違いない。

 他にも「警察官から逃走する高校生がおかしい」といった書き込みが目立つが、これは県警が公表した「職務質問しようとした警察官の制止を振り切った」という情報が前提にある。

 高校生は周囲に「急に出てきた警察官に殴られ、怖くなって逃げた」と話しており、認識は異なる。

 接触の詳細はいまだ判明していないが、一方の情報だけを基に事実関係を決めつけた投稿内容も多い。

 大前提として、高校生がどんな態度、行動を取ろうとも、警察官が負傷させて良いという言説は絶対許されない。仮に警察官が一般人相手に暴行を加えれば、特別公務員暴行陵虐罪に問われる。

 高校生へ誹謗中傷が起きている最大の要因は、いまだに事実関係が明白でないことにある。何が真実か明らかにされれば、根拠不明の情報が乱れ飛びバッシングが起きるということはない。

 県警は「高校生から話が聞けていない」「DNA試料の採取ができていない」としているようだが、高校生の自宅には彼のDNA付着物がある。家族に提供してもらえばいいだけだ。

 捜査主体も、県警は公平性を担保するため検察に委ねた方がいいだろう。被害者に告訴状を検察へ出してもらい、県警は独自に内部調査すればいい。

 捜査状況を聞くと、疑問点もいくつかある。まず警棒を持った状態で正面からバイクに向かう行為だが、職務質問をするために警棒を引き抜くのは危険な行為ではないか。

 警察官がバイクと接触し、右腕に擦過傷を負った点は、同僚や上司に何の報告もせず通常勤務に戻ったとすれば問題はないのか。

 一方、少年たちが沖縄署に集まり、投石などをした行為は別に考える必要がある。高校生が暴力で失明したからといって、警察のガラス窓を壊すのは基本的に許されない。

 ただ、同情すべき、酌量すべき部分はあると思う。

 警察は少年たちの抗議に耳を傾けただろうか。「うるさい小僧」と対応しなかったのであれば、決して暴力を肯定しないが、別の手段を執りにくかったのかもしれない。

 高校生へのバッシングは、私たちの社会の悪い部分が出た気がする。安倍晋三政権以降、国民が権力に押しつぶされ、鬱憤を被害者へ向けるようになった。
(中略)

 真実を伝えない権力側から「抵抗しても無駄だ」という感覚を刷り込まれた、一部の国民の悲しい姿だ。

 ◇    

 この記事は沖縄タイムス社とYahoo!ニュースによる共同連携企画。FIJガイドライン参照によるファクトチェック。

2/8 
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffa13ebd5de4fad3e113f2e117ad8fecb63592d1


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


※関連
【沖縄暴動】警棒持っていた事実「判然とせず」公表遅れ 高校生眼球破裂失明、国会で警察庁が説明★9
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1644204988/

※前

★1 2022/02/08 19:32

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1644341350/


【【沖縄暴動・ファクトチェック】失明高校生が「暴走族・ノーヘル・無免許・盗難車」は全部デマだったwwww】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)



1 ベクトル空間 ★ :2022/02/04(金) 19:04:07.32

https://news.yahoo.co.jp/articles/9da8a71a3ad07bf94453cc6893b1c4a2809e9060
(全文はリンク先を見てください)
1月27日に沖縄市宮里の路上でバイクで走行中の男子高校生(17)が、沖縄署の男性警察官(29)と接触した後、右眼球破裂などの重傷を負った件で、高校生の親族は2日、琉球新報の取材に応え、高校生の容体や様子などを語った。関係者が撮影した写真からは、接触時の衝撃の強さがうかがえる。発生から1週間、インターネット上では、不確かな情報が氾濫し、高校生を誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)する書き込みも見られる。

【写真】ネットには沖縄ヘイトやデマも

 親族によると、入院中の高校生は少しずつ食事を取れるようになり、体力は回復しつつあるが、けがによる精神的なダメージが大きいという。高校生の顔には右耳から右目にかけて、接触した際に負ったとみられる数センチの傷が残る。親族男性は高校生の心情を察し、「精神的にもつらい状況にある。県警には1日

【これが日本か】 親族の人が号泣 「これ以上つらい思いさせないで」 眼球破裂の高校生にネットで誹謗中傷 沖縄署騒動から1週間★4 [ベクトル空間★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643965183/


【【衝撃】 親族の人が号泣 「これ以上つらい思いさせないで」 眼球破裂の高校生にネットで誹謗中傷 沖縄署騒動から1週間】の続きを読む



(出典 pbs.twimg.com)



1 トモハアリ ★ :2022/02/01(火) 05:48:58.26

 今月28日、バイク事故の警察発表をめぐり、若者たちが沖縄署前に集まり暴徒化した問題で、警察官が男子高校生に職務質問をしようとした際、警棒を持っていた手でバイクを制止しようとしていたことが明らかになりました。

 この問題は、今月28日の未明、沖縄警察署前に若者たちが集まり一部が石を投げるなど暴徒化したものです。

 警察によると、事故が起きたのは、27日未明で、暴走行為を警戒中の警察官がバイクを運転していた男子高校生に職務質問しようとしたところバイクと接触し、その後、男子高校生は自ら消防に通報し右の眼球を破裂する重傷を負っていたことがわかりました。

 この事故をめぐり、警察官が職務質問をしようとした際、警棒を持っていた手で、制止しようとしていたことが明らかになりました。

 その際、手には警棒を持っていて、警棒が少年にあたったかどうかについて警察官は、はっきりしていないということです。

 男子高校生は、その後現場から走り去っていて、警察官は男子高校生に制止を求めた際にけがをさせたという認識はなかったと話しているということです。

 また、現場は街灯が少なく、警察官が制止を求めていることに、男子高校生が直前まで気づかなかった可能性もあるということです。

1/31(月) 19:10配信 RBC
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9c4fdb4f94797afc8b8855323603d00fa3cd28f


(出典 i.imgur.com)


※関連スレ
《沖縄警察署破壊事件》「失明した事実はまだ本人に伝えられていない」 “暴徒化原因”の被害少年叔父が語った「逃亡の理由」★11
https://itest.5ch.net/asahi/test/read.cgi/newsplus/1643659686

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643635494/


【【沖縄暴動】高校生失明 警官は警棒を持った手でバイクを制止、真実が暴かれていくwww】の続きを読む

このページのトップヘ