精神疾患


広瀬 アリス(ひろせ アリス、英: Alice Hirose、1994年12月11日 - )は、日本の女優、元ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。妹は女優・ファッションモデルの広瀬すず。 1994年、静岡県に生まれる。小学6年生の時に、地元のお祭りで現在の事務所にスカ
90キロバイト (12,045 語) - 2022年4月27日 (水) 16:19
今季もドラマ2本出演しているし、多忙で精神病んでるんでしょうね。ゆっくり休まれたらいいのに…

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/29(金) 14:51:14.90

4/29(金) 14:34配信
デイリースポーツ

 女優の広瀬アリスが29日、フジテレビ系「ポップUP!」に生出演。汗をかいたため途中退席するハプニングがあった。

 番組ではこの日が「劇場版ラジエーションハウス」の公開日だったことから、広瀬と窪田正孝が生出演。吉村崇らとトークを繰り広げていたが、途中、吉村が「広瀬さん、汗かいたから佐野さんがポケットからハンカチを出したらあまりに汚すぎて渡せなかった」と暴露。

 すると広瀬は画面にこそ映らなかったが「続けて下さい、私はしばらく消えます」といって退席。山崎夕貴アナも「汗を拭きにいかれました」と途中退席の理由を説明していた。

 広瀬は7日のアニメ映画「バブル」のイベントでも、大ファンの声優らと同じ舞台に立ったことで「冷や汗がすごい」と言い、「スミマセン、汗拭いてきていいですか?」と途中退席していた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/38ac17f65980b70eda98a6a739d9bc31fc91a2ef


【【テレビ】広瀬アリス 「ポップUP!」生放送中に発汗で一時退席 理由はガーシーと関係があると話題に】の続きを読む


休職(きゅうしょく)とは雇用されたまま長期間の労働義務が免除され、かつ雇用契約はそのまま持続すること。何らかの理由により就業が不可能になったときに、就業規則などの定めにより適用される。休職期間中は、労働基準法(昭和22年法律第49号)等に基づき、使用者の責に帰すべき事由により休業した場合に労働者に休業手当が支払われる。
3キロバイト (566 語) - 2021年3月17日 (水) 16:55
教育も難しい時代になったからですよね。少し叱ると体罰、甘やかすと逆に暴力を振るわれたり、言うことを聞かなくなったり…教師も大変ですね

1 七波羅探題 ★ :2022/04/05(火) 07:22:57.08

東洋経済2022/04/05 5:20
https://toyokeizai.net/articles/-/578546

 ――発達障害が学校現場で問題となるようになった背景は? 

 教育現場で「発達障害」が問題になったきっかけは、2つあります。

 1つは、1998年から問題となった「学級崩壊」。当時は1997年の山一証券倒産に象徴されるように、深刻な経済不況の時代でした。昔は「学級の荒れ」と言われていたものが、経済崩壊の比喩として学級崩壊と呼ばれ、「キレる子ども」が増えていると報道されるようになりました。

 もう1つは、1990年から2000年代にかけての少年犯罪の多発です。子どもが加害者・被害者となった「凶悪」と呼ばれる少年犯罪が起こりました。こうした学級崩壊と少年犯罪事件の原因として、発達障害が指摘されるようになりました。

 この時期は、教師の指導力不足や母親のしつけが問題視されていた頃でもあります。発達障害、つまり「脳機能の障害」が原因だとされたことは、教師や親からしても、ある意味ほっとする都合の良い事実だったとも言えます。

■「脳の障害」は仮説に過ぎない

 ――2004年に成立した発達障害者支援法では、発達障害は「脳機能の障害」と定義されていますね。

 発達障害は個々の診断で脳を調べるわけではなく、子どもの行動の現れを医師が聞き取りをして、その行動について診断名をつけています。脳に何らかの機能障害があるというのは仮説であり、環境的な要因による障害と定義すべきだという医師もいます。

 ところが、法律で「脳機能の障害」と定義されたことと、学級崩壊や少年犯罪というセンセーショナルな話題が結びついたことで、一気に発達障害が浸透していきました。

(中略)

■マイノリティが発達障害と疑われる

 ――日本の学校では、貧困家庭や外国人の子どもは発達障害とされる割合が多いというデータもありますね。

 文化的、社会的資源が不足していると、学校の中では特異に見えます。マジョリティ(大多数)の子どもと違う行動をするマイノリティ(少数派)の子どもが、発達障害と疑われやすいのです。
例えば、貧困の家庭の場合、家庭で十分なコミュニケーションがないとか、深刻な家庭の問題がある場合でも、十分に発達していないという問題と取られてしまうケースもあります。

 外国人児童については、特別な指導として日本語指導を入れていることもあります。ただ、その子がいると授業がうまく進まないなど、教師側から見ると特別支援学級を勧めるいろいろな条件があり得ます。外国人の場合、「学校とはどういう場なのか」という文化的な理解が違うこともあります。こうしたマイノリティの子どもたちの単なる「特徴」が、障害と結びつけられてしまうこともあります。

 「発達障害」として見ることは、異文化や多様性の排除にもつながります。さまざまな論理が組み合わさる中で、何も悪くない子どもが排除されています。しかし、これは大人の都合です。教師は何かあると医師に丸投げし、善意の中で診断や投薬、特別支援学級へと切り捨てられていると見ることも可能です。

 学校では、マジョリティの人が当たり前だと思っている授業のやり方や慣習が、マイノリティの子どもの生きづらさになっています。そうした子が過ごしやすくなるよう、学校の文化や慣習を変えていく必要があります。

※全文はリンク先で


【【教育】教師の休職続出が止まない…精神疾患の休職者は1990年から20年間で5倍になった理由はこれだった!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ