綾瀬はるか


綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
89キロバイト (9,798 語) - 2022年7月8日 (金) 10:45

(出典 bunshun.ismcdn.jp)


女優さんがというより、ストーリーの展開や演出がダメだから見なくなるのもあるのでは? 

1 ギズモ ★ :2022/07/31(日) 08:22:46.70 ID:CAP_USER9.net

(出典 asagei.biz)


芸能人「ギャラ泥棒」ランキング〈女優編1〉綾瀬はるか「ギャラ倍増」で不名誉な戴冠
https://asagei.biz/excerpt/46223

 連ドラ女優「ギャラ泥棒」ワーストランキングの対象は、全話の平均視聴率が出ている昨年の夏ドラマから今年の春ドラマまでの1年間。平均視聴率を主演女優、ヒロイン女優の1話分のギャラで割り、1%を獲得するのに費やされる〝ムダ金度〟を算出した。もちろん単純に測れるものではなく、ひとつの判断基準と捉えていただきたい。

 それを踏まえた上で、不名誉ランクの頂点に輝いたのは綾瀬はるか(37)だった。今春に満を持して臨んだ〝月9〟初主演作品「元彼の遺言状」が平均視聴率9.1%と苦戦し、泥棒指数32.96と唯一の30オーバー。割高感が際立つ結果となったのである。

 同作については脚本の不出来を指摘する意見がインターネット上で散見され、綾瀬に同情的な見方もある。とはいえ、それを高視聴率に導くのが高額ギャラを誇る人気女優たる所以ではないのか。

「ここ10年ほど、綾瀬は民放では日テレ、TBSしか出演していませんでした。150万~200万円というギャラ相場からフジが倍増させる形で招聘したと言われます」(ドラマ関係者)

 結果、不名誉な戴冠になるとは‥‥。

 3位に「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」で主演を務めた黒木華(32)がランクインした。

 黒木にとってフジ系ドラマ初主演作であり、放送前から注目度は高かった。しかし、蓋を開けてみれば視聴率は低空飛行を続け、泥棒指数も23.33と高値を付けたのだ。芸能ジャーナリストの平田昇二氏が語る。

「14年にベルリン国際映画祭最優秀女優賞も獲得している黒木は演技力に定評があり、主演した連ドラでも『凪のお暇』や『重版出来!』(いずれもTBS系)、『みをつくし料理帖』(NHK)などで及第点以上の数字を取ってきただけに、今作の苦戦は制作サイドも想定外だったでしょう。これまでの実績に応じてギャラも上がってきたことで〝お得感〟は減り、次作以降が今後の女優人生を占う正念場となりそうです」

 4位には、近年ともに古巣の大手芸能事務所から独立を果たした柴咲コウ(40)と上野樹里(36)の2人が入った。

 柴咲は「インビジブル」で主演の高橋一生とバディを組む謎の犯罪コーディネーターを演じたが、視聴率は大苦戦。ドラマ事情に詳しいライターの張本茂雄氏が指摘する。

「この作品は米ドラマ『*リスト』の主演の2人の男女の設定を替えただけ、というパクリ疑惑が浮上していましたよね。まあ、柴咲としては久々に主演級の役を貰ったわけで、仮に設定が似ているなと思ったとしても断る道理はなく、騒動は柴咲的に〝貰い事故〟だったかもしれません」

 パクリ疑惑の真相は藪の中だが、制作サイドとしては、ヒロインとはいえ主演クラスのギャラを貰っている柴咲の人気でもう少し視聴率を何とかしてほしかったというのが本音だろう。

「確かに柴咲は、ギャラで揉めることがあるほど、交渉がしっかりしていますからね。ドラマ以外の予算が少ない番組でも、けっこうな額を提示されることもあったといいます」(民放局プロデューサー)

 一方で、「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」に主演した上野には同情的な意見も。

「同作は体調不良で降板した戸田恵梨香(33)のために企画段階から準備されており、急遽の代役としては及第点の数字ではないでしょうか」(テレビ誌ライター)
(女優編2につづく)

*「週刊アサヒ芸能」8月4日号掲載

【【芸能】ギャラ泥棒ランキング〈女優編〉 綾瀬はるか「ギャラ倍増」で不名誉な戴冠】の続きを読む


綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
89キロバイト (9,798 語) - 2022年7月8日 (金) 10:45

(出典 classy-online.jp)


ここのところ人気が無くなってきてますね

1 湛然 ★ :2022/07/16(土) 05:41:31.43 ID:CAP_USER9.net
綾瀬はるか、自分を動物に例えると…
2022/07/15 16:36 Written by Narinari.com編集部
https://www.narinari.com/Nd/20220773072.html

(出典 cdn.narinari.com)



女優・綾瀬はるか(37歳)が、7月15日に放送された情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)に出演。「自分を動物に例えると?」との質問に答えた。

SK-IIの天然由来成分“ピテラ”をテーマにした、初のグローバルイベント「World Pitera Day」に登壇後、同番組のインタビューに答えた綾瀬が、「自分を動物に例えると?」とのお題に絵を描いて答えることに。ちなみに綾瀬は学生の頃、「美術の成績10でしたから」と自信たっぷり。

「これは昔から、いつも言っているモノがあります。でも描いたことがない」と言いながらも、フリップにさらさらっとイラストを描いていく綾瀬。「失敗しちゃった!顔こんなだ?顔どんな?」「おかしい、おかしいです!すごく変」と、笑いながら披露したのは、かわいいナマケモノのイラストだった。

なぜナマケモノなのか、綾瀬は「わりとこういう、あぁ?みたいな感じ。もうずっとナマケモノだと思ってきょうまで来ました」と語った。

(おわり)

【【芸能】綾瀬はるか、自分を動物に例えるとこれ…】の続きを読む


綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
89キロバイト (9,798 語) - 2022年7月8日 (金) 10:45

1 予想健ちゃん ★ :2022/07/11(月) 20:50:55.54ID:CAP_USER9
ともにNHKの大河ドラマで主演をつとめた長谷川博己と綾瀬はるかの映画初共演作『はい、泳げません』(渡辺謙作監督)が大苦戦している。

6月10日から公開中だが、公開初週の「国内映画ランキング」(興行通信社調べ)ではトップ10圏外。その後も劇場では閑古鳥が鳴き続けているというのだ。

同作は、水泳教室を舞台に泳げない男(長谷川)と、泳ぐことしかできない女(綾瀬)の希望と再生を描いた物語。公開前は綾瀬の水着姿が大スクリーンで拝めると話題だったが…。

「確かに、綾瀬の登場シーンの9割は水着でした。ところが、布面積の多いガチの競泳水着だったため、お色気感はゼロ。観客はほぼ男性で、綾瀬の水着目当てだと思われますが、あれではSNSの評判による集客も難しいかもしれませんね」(映画ライター)

“黒歴史”扱いの出世作

綾瀬は、4月期に主演したフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』も視聴率がふるわず、崖っぷちに追い込まれている。

所属事務所が主催する「第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞し、2000年に芸能界デビューを果たした綾瀬だが、ここまでの道のりは決してエリートコースと呼べるものではなかった。

「当初はグラドルとしても売り出していたが、太りやすい体質で、芸能界引退をかけてテレビ番組でダイエット企画に挑戦したこともあったほどでした」(芸能記者)

そんな下積み時代を経て見事にブレークしたわけだが、出世作と呼べる映画も〝黒歴史〟扱いだという。

「2009年公開の主演映画『*バレー』です。綾瀬が演じたのは、中学の弱小男子バレー部の顧問。部員たちと『試合に勝ったら、*を見せる』という、とんでもない約束をして部員たちが奮起するという物語でした」

この作品で綾瀬は、映画賞を受賞するなど演技力が高く評価されたが、あまりにも露骨なタイトルや内容が後々問題になったようだ。

「なかなか地上波でも放送できず、事務所の方針か、綾瀬もインタビューなどでこの作品に触れることはありませんね。B級グラドルしか受けないような役柄で、今や国民的女優と呼ばれる綾瀬にとっては完全に〝黒歴史〟扱いです」(同・ライター)

とはいえ、ここまで不調が続けば、なりふり構っていられない。『*サッカー』『*ベースボール』『*バスケ』など、やろうと思えば〝続編〟はいくらでも可能だ。起死回生の次回作に期待したい。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/69966

【【芸能】綾瀬はるか 主演のの映画が大苦戦…理由はこれだったwww】の続きを読む


BUTTERFLY』(レジェンド・アンドバタフライ)は、2023年1月27日に公開予定の日本映画。監督は大友啓史、脚本は 古沢良太。主演は東映映画初出演となる木村拓哉。 東映70周年記念作品として総製作費20億円を投じて製作されている。タイトルの「レジェンド」は織田信長のことであり、「バタフライ
4キロバイト (356 語) - 2022年6月24日 (金) 22:27

(出典 news-img.dwango.jp)


キムタクさんと綾瀬はるかさんが出演されるのであれば、興業収入1位ねらえますね

1 muffin ★ :2022/07/01(金) 14:03:05.55 ID:CAP_USER9.net
https://natalie.mu/eiga/news/483693
2022年7月1日

木村拓哉と綾瀬はるかが共演した「THE LEGEND & BUTTERFLY」の特報とティザービジュアルが解禁された。

本作は武将・織田信長とその正妻・濃姫の知られざる愛の物語を紡ぐ歴史ドラマ。政略結婚で出会い対立していた2人が、やがて天下統一の夢を抱き、戦国時代を駆け抜けるさまが描かれる。「コンフィデンスマンJP」シリーズの古沢良太が脚本、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史が監督を担った。

YouTubeで公開中の特報は、傷だらけの信長が炎の前で涙する姿から幕開け。信長と濃姫がともに馬で駆ける様子や、濃姫が信長の首に短刀を向ける場面も。「誰もが知る男の 誰も知らない妻との絆」というキャッチコピーが添えられた。

東映が総製作費20億円をかけた70周年記念作品「THE LEGEND & BUTTERFLY」は2023年1月27日より全国ロードショー。


(出典 ogre.natalie.mu)


映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』特報【2023年1月27日(金)公開】


(出典 Youtube)


【【映画】木村拓哉×綾瀬はるか「THE LEGEND & BUTTERFLY」特報解禁されるwww】の続きを読む


綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
88キロバイト (9,798 語) - 2022年6月21日 (火) 10:22

(出典 encount.press)


確かに最近あまり面白くないだすね

1 jinjin ★ :2022/06/26(日) 12:28:53 ID:CAP_USER9.net
綾瀬はるか“無敗神話”ついに崩壊…主演映画「はい、泳げません」が大コケ


21日、東映創立70周年記念作品で、総事業費20億円が投入された“絶対に失敗が許されない”大作「THE LEGEND & BUTTERFLY」(来年1月27日公開予定)の製作発表が行われた。
この作品の最大の見どころは、木村拓哉(49)と綾瀬はるか(37)の11年ぶりの共演と初の夫婦役だ。


“キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生*演技」

今回の製作にあたり東映は2007年9月公開の木村の主演映画「HERO」が記録した興収81億5000万円を成功の目安としているようだ。

しかし、東映の意気込みを冷めた目で眺める映画関係者もいる。
その理由は、無敵を誇ってきた綾瀬の人気に、わずかだが陰りが露見し始めたこと。
それを象徴するのが、10日に公開された綾瀬の主演映画「はい、泳げません」の集客動向だ。


公開初日こそ1万人を超えたが、翌日から8000人台へ落ち込み、3日目には5000人台、そして2000人台へと急降下。
23日現在、観客動員数は5万9000人足らずで、興収は1億円に届かず8800万円前後で推移している。
上映期間を再検討している劇場も出始めたという。


「はい、──」の原作はノンフィクション作家・高橋秀実氏の人気エッセーで、共演者もNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主演した長谷川博己(45)。
何より綾瀬の水着姿が拝めるというのに、誰がこれほどの厳しい結果を予想できただろう。

「『はい、──』が“『THE LEGEND──』の露払いになる”とうそぶいていた人もいましたが、さすがにここまで大コケに近い状態になると笑っていられませんね。弱気をのぞかせる幹部もいると聞いています」(東映関係者)


綾瀬は“出演作品を丁寧に吟味し、固定ファンを持つ大コケしない堅実な女優”というのが業界内での定評だ。
21年3月公開の主演作「奥様は、取り扱い注意」はコロナ禍にもかかわらず12億円に迫る興収を叩き出し、その前の18年2月公開の「今夜、ロマンス劇場で」も、17年1月公開の「本能寺ホテル」も軽々と興収10億円を突破した。“無敗神話”を持つ数少ない大物女優といえるだろう。


■実母のトラブルに韓流タレントとの熱愛騒動…

この綾瀬の“陰り”について、筆者は昨年秋に公になった実母の投資トラブルが影響しているのではないかとみている。
綾瀬は「私がまた稼ぐから心配しないで」と実母を一切責めず、優しい娘の一面をのぞかせたわけだが、秘密がこのように“ダダ漏れ”状態になったこと自体が致命傷になったと解釈している。

「人気女優にとって『ベールに包まれた私生活』は今も大切な要素といえます。綾瀬さんは、それがこの1~2年の間に赤裸々になってしまいました。親族に関する金銭スキャンダルはファンの潜在意識に与えるダメージが大きいし、透明感を売りにしている綾瀬さんはなおさらです。その前の韓流タレントとの熱愛騒動もあり、こういった小さなスキャンダルが、あたかもボディーブローのように効いてきたのでしょう」(ベテラン芸能マネジャー)


もちろん映画やドラマは共演者がいて、数字の良し悪しが全て綾瀬のせいではない。
しかし、4月期の主演ドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の平均視聴率も10%に届かなかった(関東地区)。
今は綾瀬の“陰り”の伏線が張り巡らされた状態であることは確かだろう。


日本の映画会社“御三家”のひとつ、東映が社運を懸ける勝負作の行方に注目が集まる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/08ea601aacf70d6d92ac7480384e695e93550416

【【芸能】綾瀬はるか ついに人気が無くなったことを証明してしまう…これマジ?】の続きを読む

このページのトップヘ