桐谷 美玲(きりたに みれい、1989年〈平成元年〉12月16日 - )は、日本のタレント、モデル、女優。 千葉県出身。千葉県立千葉東高等学校、フェリス女学院大学卒業。前所属はスウィートパワー(2022年3月までの所属)。夫は俳優の三浦翔平。 小学校5年生から中学校2年生まで大阪府高槻市に住んでいた。…
51キロバイト (6,462 語) - 2022年10月18日 (火) 06:28
失明を考えたら怖いですね 

1 ひかり ★ :2022/10/25(火) 09:20:10.14 ID:yRHUzj9a9.net
 モデルの桐谷美玲さんが10月24日にInstagramを更新。ICL(眼内コンタクトレンズ)の手術を受けてから視力が格段にアップしたことや、手術当日の様子や術後の生活などを明かしました(手術中の感じ方や手術後の経過は個人差があります)。

 15日にICLの手術を受け、視力の回復を実感して「人生変わった」と明かしていた桐谷さん。その後、24日には術後1週間検診を受けたことを報告しており、もともと視力が0.06しかなくコンタクトやメガネがないと何もできない生活を送っていたそうですが、術後検診では視力が1.5まで回復したことを伝えています。

 また、手術当時の様子についてもコメント。当日は術前に瞳孔を開かせるための目薬など、多くの薬剤を点眼してから手術台へ。「見えたまま手術なんて怖くないの?」という質問には「裸眼+ライトが眩しくて何もわからなかった 笑」と答えており、手術中の約10分間は「切られる痛みとかではなく、強めに圧迫されるかんじ」があったそうです。直後は「ショボショボしたりゴロゴロ感」があったものの、翌日にはショボショボ感がなくなり、現在はゴロゴロ感もほぼ消滅したそうです。

 なお、心配だった合併症である「ハロー・グレア」(※)も「思っていたより大丈夫」だったとのこと。最後に桐谷さんは「まだまだ目薬をたくさんささなきゃだけど、快適な裸眼生活を送っています」と伝えました。

 ファンからは「手術無事成功されてよかったです」と安堵(あんど)する声や「すごいです!! 私には勇気がないので尊敬します」と手術に踏み切った勇気をたたえる声とともに、「とても分かりやすい 参考になりました!」と丁寧な報告に感謝する声が寄せられています。
ねとらぼ

https://news.yahoo.co.jp/articles/fbf4e422632d6b0224fe782a7ffae94a1cc7423b

(出典 pbs.twimg.com)

【【芸能】桐谷美玲、“ICL手術”で視力0.06から1.5に大幅回復 術後の経過も順調で「快適な裸眼生活を送っています」wwwww】の続きを読む