RIZIN


朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 – )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター、実業家、歌手。 愛知県豊橋市出身。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級、65-70kg級)王者。トライフォース赤坂所属。弟は同じくプロ総合格闘家の朝倉海。
44キロバイト (4,880 語) - 2022年5月17日 (火) 14:22

(出典 newsimg.oricon.co.jp)


負けるのがいやなんでしょ

1 実況厳禁@名無しの格闘家 :2022/03/31(木) 23:59:22.70

路上の卑怯者!


【【芸能】なぜ朝倉未来は強豪から逃げるたった一つの訳…】の続きを読む


RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション、略称:RIZINRIZIN FF)は、日本の総合格闘技団体。 かつて「PRIDE」を主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表だった榊原信行により設立。他団体とは競合しないフェデレーション(協会)を理念としている。
33キロバイト (3,072 語) - 2022年5月9日 (月) 03:10

(出典 forest-life-japan.com)


またですか〜 

1 牛丼 ★ :2022/05/09(月) 21:48:57.75 ID:CAP_USER9.net

「RIZIN榊原CEO、反社との交際音声流出トラブル?」と週刊ポストが衝撃スクープ 武尊天心中止の可能性も・・・情報がtwitterで拡散される
https://kk-information.com/trend/?p=97951

【RIZIN】週刊ポスト榊原信行CEO 反社交際音声流出を報じる

本日発売の週刊ポスト。表紙と巻頭記事を見て驚愕。RIZIN榊原信行CEOと反社会勢力との交際を思わせる音声が流出したと報じました。ちょっとしたネタかと思いきや巻頭4ページ。5月5日にも榊原CEOを直撃取材している力の入れ様に正直驚いています。

記事の内容は詳しく書きませんが、RIZINの前身と言えるPRIDEは16年前に同じく黒い交際疑惑が発端となり、結果的に消滅しました。それ以来、日本の格闘技は長らく冬の時代を迎える事になります。あの時の悲しみ、消失感は2度と味わいたくないし、RIZINで格闘技を好きになった新しいファンには同じ思いをさせたくありません。

真実は今後裁判を経て明らかになっていくと思いますが、いつか来た道を引き返さない事を強く願います。
http://blog.livedoor.jp/su*_me_disco/archives/52149845.html

ジャン斉藤
@majan_saitou
「週刊ポスト」RIZIN爆弾スクープ
https://twitter.com/majan_saitou/status/1523455604433776640?s=20&t=HDPlGQDLcBfBA1tlBJwRzA
(deleted an unsolicited ad)


【【衝撃】RIZIN榊原CEO、反社との交際音声流出トラブル? 武尊天心中止の可能性が…】の続きを読む


朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 – )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター、実業家、歌手。愛知県豊橋市出身。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級、65-70kg級)王者。トライフォース赤坂所属。弟は同じくプロ総合格闘家の朝倉海。
41キロバイト (4,843 語) - 2022年1月9日 (日) 09:13



(出典 www.city.uruma.lg.jp)



1 jinjin ★ :2022/01/14(金) 21:41:19.25

朝倉未来が衝撃告白「うつ病になりました」 RIZIN試合後に異変


総合格闘家でユーチューバーの朝倉未来が14日、自身のYouTubeチャンネルを更新。
昨年大みそかに行われた格闘技大会「RIZIN.33」の試合後、「僕は恐らく、うつ病になりました」と告白した。


朝倉はこの日「試合後とんでもない事が起きていた」と題の動画を公開。
昨年1年間の自らの格闘シーンを回顧した。インターネット放送「ABEMA」で行った「1000万円企画」で炎上したことにも触れつつ、下半期は常にプレッシャーに苛まれていたことを明かした。

その上で「(RIZINで)無事勝つことができて、試合後はホッとしました。で、ここからが問題なんですが、試合後2、3日たって、病院に行ってないんでわからないんですけど、恐らく僕はうつ病になりました」と衝撃の告白。

「軽いうつ病なんですけど、何をするにもやる気が起きなくて、虚無感がすごくて…」と症状を赤裸々に明かし、
「燃え尽き症候群か分からないけど、何もやる気が起きなかった。原因はたぶんすごいプレッシャーだったこと、急に重圧から解放されたことでうつ病になったんじゃないか」と分析した。


「1日寝たら治ると思ったけど、治らなかった」という朝倉は、治療法を考えた結果「次の目標が大事だなと気づきまして、目標を立てました。そしたらだんだんよくなり始めて、挑戦を続けないと行けない性質なんだなと気づきました」と回復傾向に。
「本当、刺激中毒なんだろうなと」と自らを称した。


その点を踏まえ、今後の人生については「今年、30歳になる」とした上で「自分の中で大きな年にしたい」とキッパリ。

「今年で格闘技を引退する可能性もあるし、もし格闘技を引退したらYouTubeも辞める可能性もある。そこで急にやるべきものを失った時、大みそか後みたいなことになりかねないなと思って、今の生活にとって格闘技とYouTubeは必要不可欠なんだなと知りました。それを失っても後悔しないように今年は頑張ろうかなと思いました」と、淡々としつつも熱い思いを口にした。


朝倉は昨年大みそか、前年11月に敗れたRIZINフェザー級前王者・斎藤と対戦。激しい接近戦の中、常に優位に試合を進め、判定3―0での勝利。
リベンジを果たしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/ad4c3b11d42befdd4cff25bd508ba6c41e8cad03


【【不思議】突然うつ病を告白した、朝倉未来…なぜこのタイミングなのか?】の続きを読む


YouTuber(ユーチューバー)は、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開している個人および組織であり、その中でも特にYouTubeチャンネルに重点を置いて活動している配信者たちを指している。英語圏では「YouTube Creator」「YouTube Personality」「YouTube
38キロバイト (4,751 語) - 2022年1月13日 (木) 10:49



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/13(木) 19:18:30.45

1/13(木) 19:10配信
スポーツ報知

 昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での、元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)との“八百長疑惑”の渦中にいる人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が13日、騒動の責任をとり、ユーチューバーとしての活動を当面、休止することを自身のYouTubeチャンネルで表明した。

 「今回の件を重く受け止め、活動休止します」という表題のもと動画をアップしたシバター。神妙な画面に登場すると、「動画のタイトルにもある通り、このチャンネルををしばらく休止したいと思います」と宣言。

 「自分の中ではある程度の正義というか、エンタメとはこうあるべきだという気持ちがありまして、僕は胸を張って自分の仕事を真っ当したと言えるんですけど、今回は騒動が大きくなり過ぎてしまったんで、誰もシバターに、罰を科さないのなら、RIZIN運営も科さないのなら自分で罰を自分を罰するしかないと思いました。広告収入を得られる活動を自粛しようと思いました」と話したシバター。

 「落ち込んでいるとかはないんですけど、多少のペナルティーは自分自身に与えないといけないと思ってます」とした上で「今後の格闘技を含めた今後の方針や動画の方向性は休止期間に考えまして、反省、十分な罰が自分に与えられたと感じましたら、その時、また復活したいと思います」と続けた。

 最後に「応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます。そして、僕の試合で嫌な気持ちになった方々、申し訳ございませんでした。しばらくお休みします。大変にお騒がせしました」と深々と頭を下げた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0bd97f0d0d09bc667725dec8773c116866a81525


【【YouTuber】シバター、活動休止…RIZIN八百長疑惑が原因か?】の続きを読む


RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション、略称:RIZINRIZIN FF)は、日本の総合格闘技団体。 かつて「PRIDE」を主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表だった榊原信行により設立。他団体とは競合しないフェデレーション(協会)を理念としている。
30キロバイト (2,804 語) - 2022年1月2日 (日) 05:13



1 Anonymous ★ :2022/01/11(火) 15:40:07.32

https://news.yahoo.co.jp/articles/53439eeb8136f0319c2b25480ce2d0600d093a3b

 “八百長疑惑”で騒動が拡大している『RIZIN.33』でのYouTuberのシバター(36)VS元K-1王者の久保優太(34)の一戦について、RIZINのCEOである榊原信行氏が11日、YouTubeでコメントを発表し、「RIZINの6年の歴史、八百長なんて一試合もない。命をかけて約束してもいい、ありえない。100%全部リアルファイトである」と明言した。

 疑惑について試合直後から話題となってきたが、コメント発表が今日になったタイミングについて「両選手にヒアリングしたり、時間をかけて検証し、契約書に基づいて、弁護士とも話して、しっかり出し切る形にできればいいかなと。この10日間、しっかりいろんなことを精査したうえで話したいと思っています」と説明した。

 「リング上にフィクションはいらない。否定すること自体がバカげている」と強調し、今回の騒動で迷惑を受けた選手やファンに対して「申し訳なかったと思っています」と謝罪した。

 続けて、今回の試合の向けた過程でシバターがRIZIN側にも「ケガの心配」を理由に試合に難色を示していたことや、久保がシバターから連絡があったとRIZINに打ち明けていたこと、シバターが試合前日の公開計量まで陽動作戦を試みたことなどを伝えた。

 榊原氏は「ピュアな久保がシバターの術中にはまってリングに上ったように見えた」と見解を示し、「シバターは品性下劣でスポーツマンシップのかけらもないけど、本人はスポーツマンシップにのっとることもないわけだし、プロの世界は正々堂々という戦いばかりではない」と改めて分析した。

 また、試合前に選手同士が直接連絡を取ることの是非も話題となったが、「契約書上も試合前にコミュニケーションをとることについての規定がない」と現状の契約内容を明かし、「今回みたいなことが起きないように、今後は契約書の中に、事前に選手とかセコンド、関係者が相手方の選手と直接話すことは絶対禁止するという条項に入れていきたい」と話すなど、30分近い動画で今回の問題についてコメントした。

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641879379/


【【RIZIN】榊原CEO 6年間の間、八百長は一度もない、命を懸けて…】の続きを読む

このページのトップヘ