高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日 - )は、日本の俳優。 東京都港区赤坂出身。舞プロモーション(事務所)、ユニバーサルシグマ(レコードレーベル)所属。弟はnever young beachの安部勇磨。 幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせてくれたが、どれ…
102キロバイト (13,897 語) - 2022年11月9日 (水) 09:20
男前ではないですね 

1 冬月記者 ★ :2022/11/29(火) 20:16:58.44 ID:SzvuFm1B9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/b11d7217d7c6f3eceb706ad4b07e0b3c058b11d8?page=1


(出典 i.imgur.com)


高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由


 アラフォーの独身貴族のイケメン俳優といえば、誰が最初に思い浮かぶだろうか。相変わらずCM、ドラマに引っ張りだこのこの男性も、その1人であることは間違いない。

 11月上旬の都内の夜の繁華街。黒のキャップを目深にかぶりマスクで顔を覆う細身の男性と、その後ろで犬を抱っこした恰幅の良い男性。細身の方は、俳優の高橋一生(41才)。仕事関係者と思しき人に、愛犬を抱えてもらっているようである。

 高橋は大の犬好きで知られている。2018年には、民放ゴールデン・プライムタイム初主演連続ドラマ『僕らは奇跡でできている』の制作発表で、「自分のことを動物に例えると?」という質問に対して「犬だと思います。つい最近までも飼っていました。(普通は)『犬は飼い主に似る』といわれるんですが、僕は『飼い主は犬に似るね』って言われたことがありました」と、懐かしそうに明かしていた。

 そして2020年からも再び犬を飼い始めている。あるドラマ関係者は「『ててちゃん』という名の子犬を、ときどき撮影現場にも連れてこられているようです」と話す。物静かで穏やかな佇まいが特徴の高橋が、誰よりもかわいがるのが小さな愛犬とは、まさにパブリックイメージ通りだ。「以前飼っていた犬が亡くなったときは、ひどく落ち込まれていましたが、今一度新たなペットライフに入っているということでしょう」(前出・ドラマ関係者)。

 高橋といえば、これまで数々の共演女性と噂になってきた芸能界屈指のモテ男でもある。その中には、長澤まさみ(35才)や綾瀬はるか(37才)、川口春奈(27才)ら人気女優の名もあるが、ある芸能関係者は「女性には積極的な肉食系男性ではないようです。もう7年ほど前に、一生さんに好意を抱いていたある国民的人気女優さんが2人っきりのデートにまでこぎつけたのですが、世間的なイメージ通りにその時も品よく物静かで、迫ってくることも無かったというのです。むしろ彼女のアプローチをいなしていた。少なくとも“つまみ食い”をするような軽い方では無いのです」と、マル秘エピソードを明かした。

 長い下積みを経て、2015年のドラマ『民王』(テレビ朝日系)でのクールな秘書役でようやくブレークした苦労人。その後は、人気に陰りは見えず仕事は順調そのもの。ただ、プライベートでのゴールインは、その気配もなさそう。その一因なのか。かつて、3人組バンド「never young beach」のボーカルで実弟の安部勇磨(32才)が、壮絶な幼少時代を明かしたことがある。

安部によると、一生らは男5人兄弟だが、父親は3人いたという。浪費家の実母には子供時代から苦しめられてきて、大人になった一生も何度も金銭を無心されていた。挙句、母には一生の車も勝手に売られてしまうなど散々な目に遭い、その母が病で他界する2015年までは大変だったと明かした。

 そんな過去から、一生は「家族」というキーワードには、消極的な思いがあるのかもしれない。一方で、飼い主にはどこまでも懐いてくれる従順な愛犬との関係は、心の癒し、大切な拠り所と言えるのだろう。

 いつか、そんな一生と飼い犬とともに家族になる女性が現れるのか。人柄の良さが評判なだけに、そんな幸せな未来も、近い日に訪れるかもしれない。

【【芸能】高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」 モテモテなのに結婚しない理由とは?wwwww】の続きを読む


渡部 建(わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。後述の不祥事に伴い、2020年6月以降は芸能活動を自粛していたが、2022年2月に活動再開した。…
30キロバイト (3,864 語) - 2022年11月26日 (土) 11:47
何でも下ネタに関連づけさせる方がおかしいですね 

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/28(月) 13:58:52.93 ID:UjEcOFul9.net
11/28(月) 13:24配信
スポニチアネックス

渡部建「6Pチーズ」発言に千鳥ノブが猛ツッコミ「絶対に言ったらあかん」現場には笑いが

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(50)が27日、ABEMA「チャンスの時間」に出演。“失言”を反省する場面があった。

 今回、千鳥・ノブに仕事の悩みを打ち明ける企画に参加した渡部。その中で、右椎骨動脈解離(みぎついこつどうみゃくかいり)の療養から復帰したノブへのプレゼントとして、ワインを渡した。「ワインって何が合うんですか?食べ物って」と質問されると「コンビニで売っているような6Pチーズでもいいし」と答えた。

 するとノブが「6P?」と反応し「絶対に言ったらあかんチーズや」「気をつけましょうね」とツッコミが。“失言”に気づいた渡部は苦笑し「ほんとにごめんなさい。すみません。2度と食べません」と反省、現場には笑いが起きていた。

 渡部は20年6月に複数の女性との不倫が報じられ、活動を自粛。多くのレギュラー番組を抱えていたがすべて降板し、ことし2月に千葉テレビ「白黒アンジャッシュ」で復帰した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a591ae0b2e8b49beaa53e42ef669c31516566231

【【芸能】渡部建「6Pチーズ」発言に千鳥ノブが猛ツッコミ「絶対に言ったらあかん」現場には笑いがwwwww】の続きを読む


木村 拓哉(きむら たくや、1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の歌手・俳優。男性アイドルグループSMAPの元メンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。キムタクの愛称で知られ、当人も認めている。 本人の知らないうちに親戚が履歴書を送り、1987年11月、ジャニーズ事務所に入…
87キロバイト (11,339 語) - 2022年11月26日 (土) 11:49
定着する前に言わないと…

1 冬月記者 ★ :2022/11/29(火) 20:12:11.98 ID:SzvuFm1B9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/91a0ddb43b26a3549b78aadb97772ba3c4581d3d

木村拓哉「すごくイヤだった」“キムタク”呼びが定着して30年、芸能界のど真ん中で迎えた50歳


 木村拓哉が50歳になった。誕生日の1週間前にあたる11月6日には『ぎふ信長まつり』に登場。46万人もの観衆を集め、キムタク人気の健在ぶりを見せつけた。

 そんな“キムタク”という愛称、定着したのは30年近く前だ。1993年の月9ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)で役者としてブレイク。竹内まりやもその盛り上がりから『今夜はHearty Party』にイケメンの代名詞として「キムタク」という歌詞を入れることを思いついたという。

「キムタク」呼びをイヤがっていた
 しかし、木村自身はそう呼ばれるのが《すごくイヤだった》と最近の雑誌で振り返っている。

《人なのに商品ぽいっていうか。店頭に並ぶ商品と同じ存在になった気がして》

 というのが、その理由だ。

 '99年の末には、自身のラジオで『キムタクのルーツを探して、2000年までに撲滅しよう』という企画を展開。竹内の曲についても、木村は当時、セリフとコーラスで協力したが「ここだけ、直してくんねぇかな」とぼやいていた。

 ところが、この企画、意外なかたちで決着する。'91年に『愛ラブSMAP!』(テレビ東京系)が始まる際、木村が「拓哉くんでーす。名付けて、キムタク」と自己紹介していたという情報が寄せられたのだ。そのリスナーいわく、木村は'95年まで自ら“キムタク”呼びをしていたという。

「ホントだとしたら、結局犯人は俺でしょ。ってことは、俺、バカじゃん」

 と、苦笑いした木村。これを機に“キムタク”呼びをあまり嫌がらなくなるわけだ。

 しかも、この時期は人生の一大転機だった。この数か月前、工藤静香と恋におち、翌年に結婚。彼には長年付き合いファンからも“公認”され、親しまれていた恋人がいたが、そういう相手よりも芸能人然とした相手を生涯の伴侶にしたことは、当時、驚きをもって迎えられた。

木村拓哉は「芸能界のカリスマ」
 というのも、木村は前出の「キムタク=商品名、だからイヤ」という感覚が示すように、芸能人である前に普通の人間でありたいというタイプ。週刊女性でも'95年に、プライベートでの芸能人扱いには「思い切り気分が引く」と語っていた。

 そんな人が、家に帰っても芸能人(それも、あの静香!)がいるような生き方を選んだのだ。それは芸能人である自分を全肯定したことのようにも思われた。

 とはいえ、彼は演技でも「役作りという言葉を消滅させたい」と主張するほど、自然体がモットーだったりする。静香との結婚も本人的にはごく自然なことだったのだろう。

 この時期に“キムタク”呼びを受け入れられたのも、またしかり。商品か人間かという葛藤に区切りがつき、普通の人間のまま、国民的スターであり続けることも不自然ではないと割り切れたのではないか。実際、2003年にはテレビ誌で、

《それくらいのモチベーションがなきゃ“キムタク”なんてやってられませんよ》

 と、語ったりもしている。

 SMAPの解散後、唯一ジャニーズ事務所に残っているのも、それが“キムタク”であり続けるための最善の道だと考えたからだろう。

 芸能界のど真ん中にいないと、維持できないカリスマ性というものがやはり存在するのだ。

 自分でつけた愛称なのに、うっかり忘れて嫌うというのも、若気の至りというより、本物のカリスマだからかもしれない。それでこそ、戦国のカリスマ・織田信長に扮してもサマになる、のである。

【【芸能】木村拓哉「すごくイヤだった」 “キムタク”呼びが定着して30年、芸能界のど真ん中で迎えた50歳wwwww】の続きを読む

このページのトップヘ